TOPd.3652019年版ローラースケート? 両足に装...

2019年版ローラースケート? 両足に装着してスイ〜と滑る新感覚モビリティ『ZUUM』

靴底に車輪が装着された「ローラースケート」は、意外にも誕生から数百年という長い歴史を持つ。日本に入ってきたのも100年以上前の話だが、1980年代を知る世代では「光GENJI」を思い浮かべる人も多いだろう。そんなローラースケートの現代版のような新感覚モビリティー『ZUUM』がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場した。





約25cm×約18cmの足場を持つボディに、幅広タイヤを装着させた『ZUUM』。使い方もシンプルで、靴を脱ぎ履きする必要がなく、本体の上に乗って体重移動するだけ。バッテリーとモーターの力で、最高時速8マイル(時速約13キロ)で走行できるのだ。



はじめはトレーニングが必要そうだが、慣れればアクロバティックな動きも可能に。タイヤの幅が広いから、それほど難易度は高くないはずだ。ターンやカーブを駆使して、道路の凹凸や障害物を回避しよう。



バッテリーは、2時間の充電で1.5時間使用できる。またIPX6の防水性能に対応しているから、もし水たまりに入ってしまっても故障する心配はないだろう。



『ZUUM』のプロジェクトはすでに資金調達に成功しており、現時点では299ドル(約3万3000円)の出資で入手可能。製品は2019年3月の出荷を予定しており、日本への配送に対応している。ヘルメットや膝パッドを身に着けて安全に楽しんでいただきたい。

関連サイト


ZUUM

text塚本直樹

d.365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事