TOPデジモノステーションこいつ…切れるぞ…!?「ザク」のヒートホ...

こいつ…切れるぞ…!?「ザク」のヒートホークをリスペクトした包丁・田中一之刃物製作所『GUSTAV KG-06』いきまーす

アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する数々のモビルスーツの中でも、高い人気を誇る「ザク」。その魅力を高めているのがマシンガンやバズーカなどの武骨な武器類だ。中でも格闘戦用武器「ヒートホーク」はリアリティのあるデザインとSFらしく発光する刃がカッコよく、ザクを語る上では欠かせない装備である。



そんなヒートホークにインスパイアされた包丁を、兵庫県の鍛冶職人が本気で作ってしまった。それが田中一之刃物製作所の『GUSTAV KG-06』だ。ジオン軍のモチーフはドイツ軍という説もあるくらいだから、ドイツ語っぽい語感のネーミングはある意味先祖返りとも言えるもので、ファンとしては思わずニヤリとしてしまう。



実物を見るとアルミ鋳造のボディにアルマイト加工が施されており、かなり高級感がある。刃は錆に強いステンレス鋼製で、一丁一丁職人が丹精込め手打ちで鍛造したもの。量産品とは思えない気合のいれようだ。特殊な形状だが、切れ味も良さそう。