TOPd.365ハイテクキャンプがしたいなら発電システム...

ハイテクキャンプがしたいなら発電システムに注目! ソーラーパネル搭載のオフロード向けキャンピングカー『​ADVENTURE-XT』

キャンピングカーの制約はその居住スペースよりも、発電システムの電力量が原因となることも多い。そんな問題を解決すべく、大容量のソーラーパネルを積み込んだオフロード向けキャンピングカー『​ADVENTURE-XT』が、アメリカ・ミズリー州に拠点を置く「Adventure Trucks」から登場した。





『ADVENTURE-XT』の特徴は、充実した電力システムが搭載されていることだ。ダッジのピックアップ『RAM 5500』をカスタムした車両の屋上には、600Wのソーラパネルがずらりと設置されている。そして発電された電力は、400Ahのリチウムイオンバッテリーに充電して貯めておける。

蓄えた電力は、車内にある電化製品に有効活用される。例えば、冷蔵庫や電子レンジが用意されており、シンクやコンロ付きのキッチンも備えているから、旅行先のローカル食材を作った料理を思う存分に楽しむことができる。



ベッドはキングサイズ(クイーンサイズも選択可能)で、大人2人が余裕を持って就寝できる。ベッドサイドには収納スペースや小窓、コンセントが設置されている。



もちろん生活に不可欠なトイレやシャワーも完備。さらにオプションでミニ洗濯機を追加することができる。もし長旅に出かけることになっても、いつでも清潔な状態を保ちたいものだ。



『​ADVENTURE-XT』の価格は34万ドル(約3800万円)。ソーラーパネルに電化製品など、搭載システムを考えればこれだけの高価格っぷりも納得できる……のかもしれない。

関連サイト


​ADVENTURE-XT

text塚本直樹

d.365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事