TOPデジモノステーション福岡で感じた“小商い”の可能性。九州内で...

福岡で感じた“小商い”の可能性。九州内で活動するブランドが集まる合同展示会「thought」が今年もかなり熱かった!

2019年3月28日~30日、九州内で活動するブランドやクリエイターが中心となった合同展示会「thought」が福岡県・太宰府天満宮で開催された。今回で7回目となる本展示会では、衣食住の幅広いジャンルの出展者が集まり、当日は大いに盛り上がりを見せていた。





合計70以上の出展者が参加した本展示会。中には誰もが知る有名ブランドの名前もあったけれど、今回注目したいのは九州で熱い支持を得ているブランドや、ここ数年の間に生まれた新しいブランドたち。

福岡発のリアルクローズ「FUJITO」




洋服好きのオトコなら「FUJITO(フジト)」を知っている人も多いだろう。デザイナーの藤戸剛さんが2002年に立ち上げた本ブランドは、シルエットや素材感にこだわったリアルクローズを展開している。佐賀県の縫製工場で製造されたロングスリーブシャツは、職人の繊細な技術が光る一着だ。