TOPデジモノステーション忙しい朝でもシャツのシワを素早く伸ばせる...

忙しい朝でもシャツのシワを素早く伸ばせる! パナソニック『衣類スチーマー』が本体形状を大幅に見直して新登場

かの有名な「メラビアンの法則」では、話し手が聞き手に与える影響として視覚情報が約55%も影響を与えると説明されている。見た目の重要性は、誰しも一度は実感したことがあるだろう。例えばシワだらけのYシャツやジャケットでは、相手に悪い印象を与えるだけでなく、着ている自分の気持ちも引き締まらないというものだ。



2019年4月20日、洋服をハンガーにかけたままでもアイロンがけを可能にする『衣類スチーマー(NI-FS750)』(市場想定価格:1万4000円前後+税)がパナソニックから発売される。同社は2013年に初の衣類スチーマーを発売しており、累計販売台数は200万台を突破した。シリーズ最新モデルとなる本機では、従来の2倍となる約8分間の連続スチームを実現し、さらに本体形状を大幅に見直した低重心設計により腕への負担も抑えられている。





今回の『衣類スチーマー』は、タンク容量を50mLから100mLにアップさせたことで、連続スチーム時間を約4分から約8分に倍増させている。従来モデルの使用者から、タンクへの注水回数に対する不満の声が挙がっていたため改良が行われたのだとか。