TOPリスアニ!梶浦由記、国内ライブツアーファイナルオフ...

梶浦由記、国内ライブツアーファイナルオフィシャルレポートが到着!サプライズでSee-Saw復活&1日限りのライブも発表!!



6月15日に開幕した、作曲家・梶浦由記の1年ぶりのライブツアー『Yuki Kajiura LIVE TOUR vol.#15』が8月17日、国内での最終公演を迎えた。“Soundtrack Special”と銘打たれた6月15日・16日のステージは、その名の通りインストゥルメンタル曲を中心としたもの。一方、6月28日から始まった“The Junctions of Fiction 2019”は、KAORI、KEIKO、YURIKO KAIDA、Joelleという歌姫4人を加えた通常スタイルのライブとなっていた。このライブのオフィシャルレポートが届いたので紹介する。

梶浦のこだわりにより(バックバンドならぬ)FRONT BAND MEMBERSと名づけられたバンドの面々は、是永巧一(ギター)、佐藤強一(ドラム)、高橋“Jr.”知治(ベース)、今野均(バイオリン)、赤木りえ(フルート)、中島オバヲ(パーカッション)、大平佳男(マニピュレーター)という一流ミュージシャンたち。そこに梶浦のピアノを加えた素晴らしい演奏と歌姫たちの見事なコーラスワークがYuki Kajiura LIVEの最大の魅力であり、この日も梶浦の多彩な楽曲を各人が繊細かつダイナミックに奏で、改めて音楽の楽しさを味わわせてくれた。

リスアニ!の新着記事

同じカテゴリーの新着記事