TOPmamagirl写真家フレンチママのルールはベーシック+...

写真家フレンチママのルールはベーシック+少しの遊び心!

「服は必要に応じて買います、パリが多いかな」


「服は買うより買い足す、という言葉の方がしっくりくるわね」というメラニーさん37歳。数年前にパリからビアリッツに引っ越してきました。12歳になる息子のルーくんはスケートとギターに夢中。そんなママ、メラニーさんはカメラマンをしていますが、職業柄、パリとビアリッツを行ったり来たりという生活を送っています。そんなライフスタイルなだけに、服を買うのもパリが多いそう。メラニーさんとは以前から知った仲ですが、オシャレでないと感じたときは一度もありません!今回もカジュアルなのにどこか決まっています。どこにポイントがあるのでしょうか?





「ベーシックだけど“ちょっと”変わったデザインが好き」


「秘訣というかファッションの自分なりのルールは第一に快適であること!だから自然とカジュアルなアイテムばかりね。デザインはベーシックに“ちょっと”変わったデザインが施されているものに魅かれるの。例えばこのニットのようにシルエットが変わっているものとか」。シンプルなのにオシャレに見えるのは“ちょっと”した遊び心のあるデザインにあったようです。ちなみにアイテムそれぞれのブランドを聞いてみました。「ニットはCOS、デニムはCurrent Elliott、ベルトはASOS、ブーツはMexicana」。どれも“ちょっと”いいブランドです。またブーツの茶色がうまい具合に“ヌケ”感を出していますね。モノトーンですがキメ過ぎ感がないのは、その色合わせが成功の秘訣のよう。