TOPmamagirl比べよう、日本と世界のお正月

比べよう、日本と世界のお正月

ママガールなみなさん、こんにちは。たびえもんの木舟周作です。東京・練馬でカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」を経営し、旅行経験を通じて子供が育つ「旅育」を提唱しています。この記事が載るのは大晦日でしょうか?今年1年間お世話になりました。元日になって読む人もいると思いますので、明けましておめでとうございます。日本のお正月と言えば初詣。お子さんに着物を着せて、どこへ行こうかしらと予定を立てている人もいるかもしれません。今回は世界各地のお正月(?)風景をご紹介します。

アジアの国はお正月でもクリスマス?


1月1日を元日として祝う日本、実はアジアの中では少数派。海外へ出かけると、その国その国でカレンダーが異なることに気づかされます。中国や韓国が旧正月をお祝いすることは、よく知られているのではないかと思いますが、中国文化圏のベトナムや、華人が多いシンガポールなども、やっぱり旧正月がメインです。で、街角の雰囲気はどうかというと、まだまだクリスマスムード。なんだかアジア的にアレンジされたクリスマスツリーが飾られていたり、あるいは、少しずつ旧正月の飾り付けの準備が始まっていたり。一方で、他の東南アジア諸国や、インド、イスラム圏などになると、そもそも暦がまったく違って、お正月ムードはゼロだったりもします…。