TOPmamagirlおませなお姉ちゃんのおねだり術【はれ時々...

おませなお姉ちゃんのおねだり術【はれ時々くもりところにより(笑)】



こんにちは、ぺぷりです。5歳の娘と2歳の息子と夫とのなんてことない日常を描かせていただいています。夏休み中、遠方の実家に帰省したのですが、長い道中を少しでも遠足気分で楽しめるようにと、子どもたちそれぞれにお菓子を用意しました。普段は家族分のお菓子をまとめて私が持ち、必要に応じて都度渡す感じだったのですが、今回は自分だけのお菓子を自分だけのリュックに詰めて、自分のタイミングで食べられるというのが嬉しかったようで、準備中から子どもたちのテンションは上がりまくっていました。












そこには、上手いこと言って息子のお菓子をもらって食べる娘に、あまりよく考えず気前よくお菓子をあげる息子の姿がありました。その後娘には軽く注意したのですが、そんな私も、実は子どもの頃に一つ下の妹に同じことをしたことがあります…。七五三で、神社で千歳飴をもらった時のことでした。無類の甘い物好きな私は千歳飴の美味しさに「もっともっと食べたい!」と思い、妹に上手いことおねだりして千歳飴を少しずつ、何度も分けてもらいました。もちろん自分の千歳飴には手をつけず…。上の子は下の子より年が上なだけ知恵も働くので、こうやって上手いことやっちゃうんですよね。さらに下の子も素直な盛りなので疑問も持たずに従ってしまう。娘に注意しつつも、私自身も耳が痛かったのでした。