TOPmamagirlロバート山本が感じた限界…昼間の子どもの...

ロバート山本が感じた限界…昼間の子どもの凄まじいパワーに驚愕



2017年に第一子を授かり、パパとなった、お笑いトリオ・ロバートの山本博さん。息子くんとの生活の中で感じた「?」や「!」をマンガに描き、昨年7月からインスタグラムで発信。そのイラストをもとに、山本さんがパパ芸人ならではの気づきを綴る本連載。第14回は、息子くんが1歳を過ぎた頃にデビューした一時保育について。子どもを預けるのは心配もあるけれど、メリットも大きい?

■昼間の子どものパワーはすごい…パパの限界を痛感した出来事


育児中のママが、パパにイラッとする瞬間って、たくさんあると思います。僕が周りのママたちからよく聞くのは、「昼の子どもの凄まじさを知らないこと」という声。確かにうちの息子も、昼と夜では、映画『グレムリン』のギズモとグレムリンくらいパワーが違います。寝るのが嫌で泣く、構ってくれないと拗ねて泣く、ご飯は食べないのにおやつをせがむ……。1日中わがままに付き合って、「あー、もう疲れた!」とぐったりしているところにパパ帰宅。寝る間際のおとなしい子どもの姿だけを見て、「そんなに大変なの?」っていう空気を出されたら、そりゃあイラッとしますよね。うちの奥さんも最近、「泣いていないときでも、泣き声が聞こえてくる気がする」って言っています。子どもと1日中一緒にいるって、嬉しい瞬間も多いけど、相当神経がすり減るんだなと思う一言です。実家が近くにあれば、たまに子どもを実家に預けて、リフレッシュの時間を持つこともできるのかもしれません。とはいえ、週に2〜3回など、頻繁に面倒を見てもらうのは気が引けると思いますが……。うちの場合は、どちらの実家も離れているので、両親に預けるという選択肢がそもそもありません。奥さんが市役所に行ったり、美容室に行ったりするときに、僕が休みを取れればいいけど、スケジュールがうまく噛み合わないことも多いです。そういう理由で、息子が1歳になった頃から、僕らは一時保育を利用し始めました。