TOPmamagirl卵焼きをお弁当に!基本レシピやアレンジ術...

卵焼きをお弁当に!基本レシピやアレンジ術、映える詰め方を調査



■好みの味つけで卵焼きをつくる!基本レシピまとめ


卵焼きの作り方自体はどれもいっしょ。とはいえ、調味料によって甘い・甘くない・ふわふわ・お弁当向きなど、いろいろな好みに合った卵焼きを作ることができますよ。卵焼きの基本レシピを、まずは押さえておきましょう。

・お弁当に入れたい甘い卵焼きの基本的な作り方







出典:目指せお弁当女子!女子受けも男子受けもかなう「モテるお弁当」とは? @ ayakitty123 さん

まずは、卵焼きを作る専用の四角いフライパン「卵焼き器」を使って卵焼きを作る、基本レシピをご紹介します。こちらは甘い味つけになっています。砂糖入りで甘いものは、お弁当のおかずにぴったりです。材料:卵砂糖醤油作り方:・ボウルに卵を割り入れ、気泡ができないように軽く混ぜる。白身は箸ですくって切るようにして、なじませる。・調味料の砂糖・醤油を入れてまた混ぜ、卵液を作る・卵焼き器を中火にかけ、油を敷く。ティッシュやキッチンペーパーを使って油を吸い、均一に油が卵焼き器になじむようにする。・卵焼き器が温まったところで、卵液を1/3流し込み、薄く広げる。途中、できた気泡は箸でつぶし、穴をあけないように。◎半熟になったら手前から卵を折りたたんで奥へとくるくる巻く。◎卵焼き器の空いたスペースに再び油を敷き、残りの卵液1/3を流し込む。すでに巻かれた卵焼きの底を少し浮かせて、底部にも卵液を流し入れる。・◎を卵液がなくなるまで繰り返す・すべて巻き終えたら卵焼き器から取り出して、まきすやラップを使って形を整える。


・だしの味が決め手!甘くない卵焼きレシピ




出典:「mieuxkanon* Powered by Ameba」

次は、砂糖不使用の甘くない卵焼きレシピをご紹介します。甘くない卵焼きは、だしや醤油を使うのがキモ。作り方は上で紹介した、基本レシピと同様です。調味料だけチェンジして、お好みの味つけに仕上げましょう。材料:玉子3個 昆布・鰹だし50m 薄口醤油小さじ1 葛小さじ1/4 米油適量だし汁を作るのが面倒に思う人には、「白だし」と「水」を卵液に入れて、簡単にだし汁を作ってしまうのもひとつの手。また、だし汁+醤油の代わりに「めんつゆ」を入れてもおいしく簡単に仕上がります。忙しい朝にお弁当づくりをする人には、おすすめしたい時短テクです。


・ふわふわ食感が楽しめるマヨネーズ入り卵焼きレシピ




出典:「毎日少し、おもてなし♡ Powered by Ameba」

卵焼きにマヨネーズを入れると、なんとふわふわの食感に。マヨネーズ入り卵焼きを作るなら、こちらの調味料を卵液に入れて作りましょう。材料:卵マヨネーズ醤油※お好みで塩少々

■おいしさ・お弁当映えアップ!卵焼きのアレンジ術


シンプルな卵焼きは、その中に入れる具材や味つけで、あっと驚くアレンジを楽しむことができます。次は、お弁当のアレンジ術について見ていきましょう。

・お弁当映えする卵焼きアレンジ、なると巻きの卵焼き







出典:「家ごはんとおもてなしの料理教室 牧クッキングサロン@小金井 Powered by Ameba」

くるくるっと巻かれたおかずは、お弁当映え抜群。お弁当の定番おかずである卵焼きでも、そんなお弁当映えを目指してみましょう。こちらは、断面がかわいい「なると巻きの卵焼き」。作り方は、卵焼きを作る要領で卵液を卵焼き器に流し込んだら、フライパンサイズに合わせてカットした海苔となると巻きをイン。そのままなると巻きを軸にして卵をまきつければ完成です。お弁当にいれるとパッと華やぐ卵焼き。ぜひ試してみてくださいね。


・サラダ×卵焼きでさっぱりおいしく!サラダ巻きアレンジ




サラダ×卵焼きのアレンジ。さっぱり食べられそうで、夏に向かうこれからの季節においしく楽しめそうです。作り方は、卵液を卵焼き器に流し、薄焼き卵を作成。薄焼き卵はそっとまな板の上などに広げて、サラダの材料であるハムやチーズ、レタスをいっしょに巻き込みます。このアレンジで使用する薄焼き卵、四角い卵焼き器で作ってもよいのですが、丸いフライパンでも包みやすい薄焼き卵ができあがるそう。そして、卵焼きの味つけは甘めにすると、チーズのしょっぱさと卵の甘味を存分に楽しめるので、おすすめです。


・あまったおかずをイン。卵焼きの“味変”を楽しむアレンジ




卵焼きを作る前日に食卓に登場したおかず。こんな風にあまったおかずは、卵焼きに入れて楽しむことができますよ。こちらはひじきと梅肉を醤油で煮込んだ、「梅ひじき」。ご飯とも相性がよさそうなおかずです。




ひじきはもとから小さく、卵にからみやすいのでカット不要。溶いた卵液の中に梅ひじきを入れて、卵焼きを作ると「梅ひじき卵焼き」の完成です。他にも、「切干大根の煮物」や、「肉じゃが」も卵焼きの中に入れて欲しいおかず。卵焼きにおかずのうま味が合わさって、とてもおいしくなるそう。卵液とからみやすくするように、大きな具材を入れ込む場合はカットして調理してみてくださいね。

■忙しい朝のお弁当づくりに!卵焼き時短テク


朝は出勤・通勤の準備もしながらお弁当作りを進めないといけないので、とてもバタバタしてしまいますよね。そんなときに役立つ時短テクをご紹介します。

・レンジで作る卵焼きで、時短&片付け簡単に




レンジでチンするだけで卵焼きが完成するこちらの便利グッズ。容器ひとつだけ使うので、ボウルやフライパン、卵焼き器などの洗い物なく、素早く卵焼きを作ることができます。「レンジで簡単!!出し巻きたまご」は100均『DAISO(ダイソー)』で手に入りますよ。ちょうど1人前作ることが可能。働く女子におすすめしたいグッズです。


・朝はレンチンするだけ。前日に作り置きして冷凍保存




朝のお弁当調理時間を短くしたいなら、冷凍保存もおすすめ。夜の間に作っておき、冷凍しておくと朝はお弁当に詰める前にレンジで解凍するだけで、卵焼きが完成します。冷凍保存は、解凍する際にどうしても食材の水分を失ってしまいがち。なので、基本レシピで紹介した「マヨネーズ入り卵焼き」を冷凍保存用の卵焼きにするのがおすすめです。元よりふわふわしているので、ふんわり食感を残したまま解凍することができますよ。

■卵焼きのかわいい詰め方!お弁当に使えるアイデア集


完成した卵焼き。お弁当に詰めるなら、とびきりかわいい入れ方をしておきたいところです。そこで、卵焼きのお弁当に詰める方法をまとめてみました。

出典:お弁当からハロウィーン気分を盛り上げよう!直前まで使えるアイディア集♡ natsumi20080430さん

卵焼きをひとつ取り、ナナメにカット。カットした断面をくっつけると、かわいいハート型になります。これをお弁当に詰めると、卵焼きがとってもおしゃれにランクアップ。インスタグラムでもよく見かけるこちらの卵焼き詰め方アイデア。簡単にできるので、お弁当作り初心者さんにもおすすめです。


・おむすびと並べるとソックリ!かわいいおむすび型に♪




出典:@ keiko0424さん

こちらは作った卵焼きを三角に形成し、おにぎりに見立てたかわいいおにぎり型卵焼き。本物のおにぎりといっしょに並べると、コロンとしてとてもキュート。三角形なのでお弁当にも詰めやすいのも、うれしいポイントです。三角に形成する方法とは、できあがった卵焼きを温かいうちにキッチンぺーパーで包み、海苔巻きづくりなどで使用する「まきす」をつかって三角柱を作るだけ。このとき、まな板など硬いものに一辺を押しつけると、簡単に三角が完成しますよ。簡単にできるおむすび型卵焼き。ぜひ試してみてくださいね。


・卵焼きを海苔巻きに。断面で魅せるかわいいキャラ弁に




出典:幼稚園の遠足お弁当!おにぎりや食べやすいおかずをピックアップ☆ @ayumi_reposerさん

普通に卵焼きを詰めるだけじゃ物足りない、という人におすすめしたいのが、卵焼きを使ったキャラ弁です。こちらのお弁当では、卵焼きをごはん・海苔で包み、海苔巻きに。その断面を利用して、クマさんの顔を作っています。こちらのキャラ弁は海苔と卵、そしてごはんとおいしい組み合わせを使用していることがポイント。かわいさだけじゃなく、とてもおいしいキャラ弁に仕上がりそうです。

■汎用性の高い卵焼き。さっそくマスターしておこう!


卵焼きはたくさんのアレンジが楽しめ、さらにお弁当に工夫して詰めるとお弁当映えもバッチリ。いろいろなシーンで活躍するので、ぜひマスターしてみてくださいね。引用文献「mieuxkanon* Powered by Ameba」「毎日少し、おもてなし♡ Powered by Ameba」「家ごはんとおもてなしの料理教室 牧クッキングサロン@小金井 Powered by Ameba」