TOPmamagirl離乳食にぶりを取り入れて不足しがちな栄養...

離乳食にぶりを取り入れて不足しがちな栄養素を補おう!



■離乳食のぶりはいつから使えるの?




出典:photoAC

ぶりは、いつから食べても大丈夫なの?


・ぶりは離乳食後期(9~10ヵ月)以降から


ぶりは離乳食後期(9~10ヵ月)以降から食べることができます。完了期(11~12ヵ月)から始めるママも多いようです。離乳食に魚を取り入れる場合の進め方は、ヒラメ、かれい、鯛などのアレルギーの少ない白身魚→カツオやマグロなどの赤身→ぶりやアジ、サンマなどの青魚という順番で進めていくことが多いようです。




・ぶりは分類としては青魚の中赤身




出典:photoAC

ぶりは、身が白いイメージがあるかと思いますが、実は分類としては、青魚の中赤身になります。白身魚と赤身魚は見た目の色ではなく、筋肉に含まれる色素ミオグロビンの量が多いかどうかです。ぶりの身の一部の真っ赤な部分には、ミオグロビンがたくさん含まれています。ちなみに鮭も、赤身と間違われますが、実は白身魚に分類されます。鮭は白身ですが、脂が多いので離乳食中期(7~8ヵ月)頃からあげてください。