TOPmamagirlキャンプのカートやワゴン、おすすめは?テ...

キャンプのカートやワゴン、おすすめは?テーブルとして使うテクもリサーチ




今回はそんな便利グッズのアウトドアワゴンの魅力や選び方、おすすめの商品をご紹介します。



■アウトドアワゴンが人気の理由


まずはアウトドアワゴンの魅力についてまとめてみました。

・キャンプグッズは運搬するだけで大変




出典:@ k10zyさん

キャンプをしたことのある人ならわかると思いますが、キャンプグッズはひとつひとつが重く、大きく、そう簡単に運べるものではないのです。”少量の荷物で”というわけにもなかなかいかないですが、アウトドアワゴンがあれば、1度に多くの荷物を簡単に運ぶことができますよ。

・子どもやペットを乗せている場合も


アウトドアワゴンの耐荷重は80㎏から150㎏のものが多く、荷物といっしょに子どもやペットを乗せることも可能なんです。

■アウトドアワゴンの選び方


次はアウトドアワゴンの上手な選び方のご紹介。

・容量とタイヤの大きさで使い勝手を良く☆




出典:@ bakana16 さん

タイヤは大きければ大きいほど地面からの衝撃を吸収してくれます。段差や砂利道を通る機会が多いなら大きいタイヤのものがおすすめです。ほかにも、容量も重要ポイント。子どもの大きさ、子どもの人数、それぞれの荷物など、各家庭にあった容量のものを選びましょう。

・子どもを乗せるなら、想定して作られているものを


アウトドアワゴンに子どもを乗せる場合は、そのことを想定して作られたものを選びましょう。例えば、先ほども言いましたが、衝撃を少なくするために大きなタイヤがついているもの、乗り出したときに落ちてしまわないように深さのあるもの、子どもの靴の汚れや食べカスなどをきれいにできるようシートが丸洗いできるものなど、荷物を運ぶだけのためのカートと、子どもを乗せるカートでは選ぶものが変わってきます。




・コンパクトになるものだと持ち運びに楽




出典:@ bakana16さん

荷物がそれなりに入るカートですから、カート自体が大きいのが現実。カートの持ち運びの際や、収納しておくときのことを考えて、できるだけコンパクトになるものがおすすめです。また、車移動ではなく、電車などの公共機関を使って移動する人は、邪魔にならない小さなキャリーワゴンもありますよ。

■キャンプにおすすめのアウトドアワゴン4選


ここでは、おすすめのアウトドアワゴン(キャリーカート)をご紹介します。

・1番見かけるのはこれ!?コールマンのアウトドアワゴン




出典:@ loamaca_oceanさん

アウトドア用品のメーカーの中でも老舗として、安心感安定感のある『Coleman(コールマン)』の「アウトドアワゴン」13,800円(税込)です。耐荷重は100㎏。大型のタイヤが特徴です。

・幅広で大きなタイヤで運搬楽ちん!クイックキャンプのワゴン







出典:@ bakana16さん

『QUICKCAMP(クイックキャンプ)』の「FOLDING CARRY WAGON(フォールディングキャリーワゴン)」です。どんな道でもスムーズに移動できる大きなタイヤは、360度回転し、音も静かに使うことができます。開閉が簡単なのもうれしいポイントです。

・かわいさ重視で選んじゃいそう!ロゴスのワゴン







出典:@ nonbiri_campさん

『LOGOS(ロゴス)』の「丸洗い長いモノOKキャリー」26,000円(税別)です。後部を倒すことができ、重たいものだけでなく長いものでも楽々運べます。

・おしゃれで気分あがっちゃう♡ニュートラルアウトドアのワゴン







出典:@ m_taka18さん

『NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)』の「オフロードキャリアワゴンⅡ」18,000円(税別)です。容量約115Lと大容量ながら、収納時はかなりコンパクトになる優れものです。おしゃれなオフホワイトで気分もあがりますね♡今紹介したものより、コスパを重視するなら「COSTCO(コストコ)」や「ドン・キホーテ」などだと10,000円以下で購入することが可能ですよ。

■運搬だけじゃない!アウトドアカートのテーブル化!


荷物を運ぶだけでなく、テーブルになるのが隠れた大きな魅力。

・天板を自作してテーブルに!




出典:@ leathact_leather.itemさん

使わないときはコンパクトにしておけるロールトップテーブルを作るのも◎自分の好きな色を塗ってオリジナリティーのあるテーブルを作ってみてください。

・自作はハードルが高いという人はこの方法で決まり!







出典:@ yopi_4_bmxさん

これは、コールマンのアウトドアワゴンに『CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)』の「CSクラシックス フリーボード」を乗せてテーブル化させたものです。このCSクラシックス フリーボードはテーブルだけでなく、ラックとして使ったり、足場として使ったり、荷物かけとしても使うことが可能。ひとつ持っていたら重宝すること間違いなしです。

■アウトドアワゴンがあれば体力消費を削減できちゃう




出典:@ k10zyさん

アウトドアワゴンの魅力や必要性は感じられましたか?ソロキャンプ、ファミリーキャンプ、いずれにしてもキャリーカートは必需品となるでしょう。折り畳み式の軽量タイプのものや木でできたおしゃれなものまで、さまざまな種類があるのでぜひ購入を検討してみてくださいね。