TOPmamagirlキャンプ用フライパンをリサーチ!ニトリや...

キャンプ用フライパンをリサーチ!ニトリや100均も使える!簡単レシピも




キャンプ道具は防災グッズとしても使える優れもの。キャンプ初心者さんでも扱いやすいフライパンやレシピをセレクトしているので、もしものときを考えてそろえておくのもいいかもしれませんよ☆



■キャンプ向けフライパンを選ぶときの4つのポイント




出典:キャンプで人気のコンロは?おしゃれで役立つおすすめ機種紹介@st.98.93さん

キャンプ初心者さんに知ってもらいたいキャンプ用フライパンの選び方のポイントをご紹介します。

・フライパンの素材で選ぶ


アルミ…熱伝導が良く軽いのが特徴。デザインやサイズも豊富なので好みのサイズが見つかりやすいのも魅力です。ステンレス…熱伝導率が低いですが、一度温まると余熱調理ができるのが特徴。丈夫でサビにくいので煮込み系やじっくり火を通したいときに向いています。鉄…重さはありますが、耐久性が高く直火やオーブンでも使えて便利なのが特徴。長く同じアイテムを使いたい人におすすめです。チタン…軽さと丈夫さが特徴。ステンレスのように熱伝導率が低いですが、サビにくい性質があります。一人登山など荷物を軽量化したいときに向いている素材です。他にも琺瑯(ホーロー)、銅、真鍮(しんちゅう)などの素材がありますが、まずは扱いやすい素材で慣れてからトライしてみましょう。

・重量で選ぶ


荷物が多くなりがちなキャンプにおいて、重さは死活問題!特に登山やソロキャンプなど一人で荷物を運ぶ必要がある場合は、軽いチタンやアルミタイプのフライパンがおすすめです。

・蓋の有無で選ぶ


キャンプでどんな料理をするかにもよりますが、フライパンに蓋がついているタイプだと煮込み料理はもちろん、焼き時間の短縮やご飯を炊くことも可能☆少し荷物になってもいいという場合は蓋つきのフライパンがおすすめです。




・コンパクトに収納できるかで選ぶ




出典:@aiko1_6さん

折り畳みが可能でコンパクトに持ち運びができるかどうかは荷物が多くなるキャンプでは重要なポイント。重なるタイプや折り畳めるタイプ、取っ手が取れるタイプなど、いかにコンパクトに持ち運びができるかを考えて選びましょう。

■キャンプにおすすめフライパン4選


キャンプに持って行って間違いなし!なおすすめのフライパンをセレクト☆お手頃価格なのもポイントなのでざっくりとした価格も紹介しましょう。

・ニトリのスキレット




出典:ニトリのスキレット鍋は映えるだけじゃない!簡単調理でとっても便利@vivienne_x__x_さん

“ニトスキ”として人気を博した『ニトリ』のスキレット鍋。使い勝手のいい19cmタイプは740円(税抜)とリーズナブルな価格です。直火とオーブンに対応しているので家庭でも使えるのがポイント☆蓋がセットになっているタイプもあるので、好みの方を選んでみてくださいね。




・ダイソーのフッ素樹脂コーティングフライパン




出典:@ bm.p0512さん

キャンプに使うとなると壊れてもいい、汚れてもいいものにしたい!という人には『DAISO(ダイソー)』のフライパンがおすすめです。大きさも20cmや22cmなどスキレットよりも大きめなので、家族の料理も一気に作れます。安いので、焦げついた場合でも買い替えやすいのもダイソーアイテムの利点です。




・鉄製のフライパン




出典:@ tamaco_kiraraさん

スキレット鍋よりも少し軽い小ぶりな鉄鍋は焚火やコンロの上で使えて便利です。またIH対応なので自宅で鉄鍋を使うことも可能!鉄分が食材に染み出るためおいしく鉄分が取れるのも鉄鍋やスキレットの魅力でしょう。




・CHUMSのブービーシェラカップ




出典:@ chiharu46diyさん

『CHUMS(チャムス)』の「Booby Sierra Cup(ブービーシェラカップ)」は見た目は計量カップのようですが、鍋にフライパンにと使い勝手のいいアイテムなんです。ステンレス製でサビに強く軽いのが魅力。カラビナにかけられるのでこなれた雰囲気を出すのにも一役買ってくれるアイテムです。

■キャンプで作る☆簡単フライパンレシピ


フライパン一つで簡単にできるレシピをピックアップ!家庭でもできるシンプルな料理だけど、外で食べるからまた味わい深~い。

・味つけはシンプルに!目玉焼き&ベーコン




出典:スキレットレシピ大特集! 人気定番おかずからスイーツまで@m12mtyさん

スキレット鍋や鉄鍋にベーコンやソーセージを入れて火にかけ、あらかた火が通ったところで卵を割って目玉焼きに!味つけはシンプルにコショウだけにして半熟の黄味と塩気のあるベーコンのコラボを楽しみましょう。パンがある場合はパンに挟んで食べてもGOOD☆




・フライパン一つであったかスープグラタン




出典:photoAC ※写真はイメージです

キャンプご飯と言えばカレー!と定番化している人は、少し趣向を凝らしてグラタンにシフトチェンジしてみませんか?深めのフライパンひとつでできるので秋冬のキャンプメニューに取り入れてみて☆まず、玉葱やキノコなど入れたい野菜や肉などをバターを溶かしたフライパンで炒めます。しんなりしてきたら水3カップ、マカロニ80g、味つけ用のコンソメ1個、塩コショウ少々を入れて約7~10分ほど煮ましょう。全体に火が通ったらチーズを好みの分量ちらして蓋をしてチーズを溶かします。蓋がないときはアルミホイルで代用可能です☆チーズが溶けたら完成!そのままスープとして味わったり、パンをつけて食べたりできるのでカレーとは違う楽しみ方ができますよ♡




・冷凍食品を有効活用!お外で餃子




蓋つきのフライパンをキャンプに持参したのなら、やってもらいたいのが餃子です。タネや皮を最初から作るのは大変なので、そんなときは冷凍餃子の出番!料理が苦手な人でも冷凍食品なら作る手間も省けて味も保証されているので、焼くのを失敗しない限りは安心なメニューです。荷物になるかもしれませんが、ごま油を持参するとさらに餃子の香ばしさを引き立てられるのでおすすめ☆

■フライパンひとつでキャンプはより楽しくなる!


フライパンの種類によっては扱いにくいものもありますが、基本的に鉄やステンレス、アルミ系は初心者でも簡単に扱えます。フライパンひとつで簡単にできる料理もまだまだたくさんありますので、興味が湧いた人はいろいろそろえて作ってみてくださいね♡