TOPmamagirlロバート山本博が明かす「本当にあった怖い...

ロバート山本博が明かす「本当にあった怖い話」過去に一度だけ遭遇した心霊体験とは?



2017年に第一子を授かり、パパとなった、お笑いトリオ・ロバートの山本博さん。息子くんとの生活の中で感じた「?」や「!」をマンガに描き、昨年7月からインスタグラムで発信。そのイラストをもとに、山本さんがパパ芸人ならではの気づきを綴る本連載。一周年を迎えてますますパワーアップ!第53回は、本当にあった怖い話。山本さんが19歳のときに体験した恐ろしい出来事とは……?

■何もない空間に向かって「じいじ」と呼びかける息子


何もない空間に向かっておしゃべりする……というのは、「子どもあるある」のひとつ。うちの息子も、ある夜、何もない空間を指さして、急に「じいじ!」と言い出したことがありました。息子は、本当のおじいちゃんのことを「じいじ」と呼びます。それ以外に、街中で見かけたおじいさんや、絵本に出てくるひげのおじいさんのことも「じいじ」と呼ぶんです。とりあえず、おじいさんを見ると「じいじ」と言うので、リビングで突然「じいじ!」と言い出したときは怖かったですね。「え? じいじいた?」って聞いたら「じいじ、いた」って言うんですよ。「どこ?」って聞いたら「じいじいた、じいじいた」って言いながら歩いていって、最後は玄関の靴箱の前で「じいじ、じいじ」って……。何もない空間に向かって「じいじ、じいじ」ってずっと言ってるから、もうこれ以上は追究しないほうがいいと思って「じいじ、ようこそおいでくださいました〜」と言って、リビングに戻りました。何かがいたときのために、歓迎の姿勢は示しつつ(笑)。