TOPmamagirl忙しいお母さんへ伝授。子どもへのおすすめ...

忙しいお母さんへ伝授。子どもへのおすすめの愛情の伝え方



お母さんの忙しさに関係なく、子どもは「見てほしい!」をアピール


3人、4人のお子さんを育てているお母さんや、働いているお母さん、年子の小さい子の育児に毎日一生懸命なお母さん。お母さんは育児と家事と仕事を同時にこなしています。
そんなお母さんの忙しさにはお構いなく、子どもは愛情を確かめるように駄々をこねて怒ったり、泣いたりと子どもは自分を見てほしい気持ちをアピールします。