TOPmamagirl争いごとが増える3歳は、問題を解決する力...

争いごとが増える3歳は、問題を解決する力を身につけられる



友だちとの関わりが増える3歳から役立つのは、第3の案で交渉する力


子どもが3歳ぐらいになると、友だちとの関わりを好むようになります。友だちと楽しく遊べるようになるのと同時に、おもちゃの取り合いやけんかが多くなるのもこの頃から。最初は大人が仲裁に入ることもできますが、少しずつ自分たちで考えて解決できるようにしてあげたいもの。社会に出てからたくましく生きるためにも、3歳は様々な問題解決法を伝えてあげたい時期です。争いが起きた時には第3の案を出して交渉するのも良いでしょう。