TOPM-ON! MUSIC NEWSアニメ映画「SING/シング」吹替え版キ...

アニメ映画「SING/シング」吹替え版キャストに、スキマスイッチ大橋卓弥、坂本真綾、宮野真守、水樹奈々ら



3月17日より全国公開される米アニメ映画「SING/シング」。このたび、主人公のバスター・ムーン役の内村光良に続く、超豪華な第2弾吹替え版キャストが発表された。

第74回ゴールデングローブ賞2部門にノミネートされた本作は、マシュー・マコノヒー、 リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリーといった豪華スターが夢の共演を果たし、歌声を披露することで世界中から注目を集めている話題作。

動物だけが暮らす世界で劇場支配人をしているコアラのバスターが、劇場再建のため世界最高の歌を求めてオーディションを開催する物語が描かれ、フランク・シナトラ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダーなど、グラミー賞受賞総数100を超える、そうそうたるアーティストたちのヒットソングや名曲60曲以上が使用されている。

世界で約60ヵ国で公開されている本作は、すべての国で英語のセリフや歌に字幕を入れて上映していたが、世界で唯一、日本だけが、セリフに加えて一部を除くすべての楽曲も吹き替えることを特別に許諾。

日本語版の演出には、数々のアニメ作品などに携わる三間雅文、日本語吹替え版音楽プロデューサーに、YUKI、Superfly、ゆず、back numberなど、多くのアーティストへの楽曲提供や、アレンジ、プロデュースを手がける蔦谷好位置、日本語歌詞監修には、Superflyの「愛をこめて花束を」の作詞をはじめ、JUJU、SMAPなど幅広いアーティストへ歌詞を提供、そして、チャットモンチー、9mm Parabellum Bulletなどのバンドプロデュースも手がけ、歌詞も含めたトータルプロデュースに定評がある、いしわたり淳治が加わり、ただ訳して収録するだけではない、万全の布陣で収録が行われた。

吹替えを担当する声優陣も、豪華な顔ぶれが勢ぞろい。ヤマアラシのアッシュ役には、ハリウッド映画の声優初挑戦となる女優の長澤まさみ。字幕版では、アカデミー賞受賞女優のスカーレット・ヨハンソンが歌う本作のオリジナルソングの歌唱アフレコにも挑戦している。

ブタのグンターには、斎藤司(トレンディエンジェル)がハリウッド映画の声優に初挑戦。レディー・ガガの代表曲「バッド・ロマンス」などを歌い上げる。

ゴリラのジョニー役には、スキマスイッチの大橋卓弥。サム・スミスの名曲「ステイ・ウィズ・ミー」などの歌唱に挑戦する。

そして、かつての栄光の時代に人気を博した歌姫のナナ役には、女優の大地真央。ハリウッドのアニメーション映画の声優は初挑戦となる。

さらに、声優界からは、多数の人気と実力を兼ね備えたキャストが集結。山寺宏一は、ネズミのマイク役で、劇中では、フランク・シナトラの名曲「マイ・ウェイ」などを熱唱する。

ブタのロジータ役の声を演じるのは、坂本真綾。テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」を熱唱するなど、重要なキャラクターとなっている。

田中真弓は、内村光良演じる劇場支配人バスター・ムーンの秘書ミス・クローリー役。そして、声優界の王子とも言われる宮野真守は、バスターの大親友である、羊のエディの声を演じている。

水樹奈々は、アッシュと同じヤマアラシのベティ役として参加しており、物語のある重要なシーンで登場。

そして、谷山紀章は、長澤演じるアッシュの相方であるヤマアラシのランス役の声を演じるだけでなく、定評のある歌声で本作オリジナルソングを披露する。

今回発表されたキャストの吹き替え版本編抜粋映像も、2本同時に公開されている。

大橋卓弥(スキマスイッチ)コメント
音楽は必ず、みんなで楽しめる、そして共感できるものだと思います。曲数の多さが「SING/シング」に関してはすごいですし、しかも大ヒット曲ばかりなので、普通のお芝居もあり、音楽もあり、二方面で楽しめる作品だと思います
初挑戦ですが、楽しみながらジョニーという役をやらせていただきました。ジョニーももちろん注目して、いただきたいのですが、すべてのキャラクターが、一人ひとり個性的で、歌も楽しむポイントとなっている映画なので、映画館で手拍子をする瞬間があってもいいんじゃないかなと思うほど、盛り上がれる映画になっています。ぜひ皆さん劇場でご覧ください。

坂本真綾 コメント
いろんなキャラクターが出てきますが、一人ひとりの抱えている悩みや想いに共感できるし、本当に子供から大人までみんなが楽しめる素敵な映画になっています。懐かしい曲から、最新の楽曲も出てくるので、きっとどこかに必ずお気に入りの曲が出てくるのではないでしょうか。観ていて楽しくなってきたら、そこが劇場だとしてもキャラクターたちと一緒に歌ってしまっていいと思います! ぜひ劇場でご覧ください!

宮野真守 コメント
「SING/シング」、 最高のエンターテインメント映画になっています。僕も観ていてとても興奮しました。あの名曲だったり、こんな名曲がふんだんに盛り込まれているし、物語の中心には心に残る温かいものが感じられる映画になっています。最高に楽しんで、最高に笑ったあとに、ちょっとほろっと涙して、そんな瞬間を僕も皆さんと一緒に味わいたいと思っているので、ぜひ映画館でご覧ください。よろしくお願いします。

谷山紀章 コメント
音楽って、ワクワクするものですよね。誰もが知っている曲ばかりなので、子供から大人まで、老若男女が楽しめる素晴らしい映画になっています。すごく魅力的でかわいらしいキャラクターたちが活躍していて、我々も魂を吹き込みましたので、ぜひお楽しみいただきたいと思います。歌は最高です!!

水樹奈々 コメント
音楽が好きな方にはたまらない幅広い選曲! 思わず口ずさみ、体が動き出してしまうこと間違いなしです! それぞれの曲に、キャラクターの個性が光るアレンジが加わっていて、オリジナルとはまた違う味わいもあり、聴きどころ満載です!! 「夢を諦めない」ことの大切さ、そしてそこに立ち向かう勇気を改めて感じる作品です。幅広い世代の方々にぜひ観ていただきたいです!!






映画情報


「SING/シング」
2017年3月17日(金)より全国公開
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他
【吹替え版】
演出:三間雅文
日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
配給:東宝東和
(C)Universal Studios.


映画「SING / シング」公式サイト
http://sing-movie.jp/


170130-TR-090005

170130-TR-090006

170130-TR-090007

170130-TR-090008

170130-TR-090009

170130-TR-090010

170130-TR-090011