TOPM-ON! MUSIC NEWS小田和正×岸田繁、miwa×岸谷香、MA...

小田和正×岸田繁、miwa×岸谷香、MANNISH BOYS×GLIM SPANKY etc.。『森亀橋』イベントで豪華コラボが続々実現



2月7日・ 8日、大阪・フェスティバルホールにて『森亀橋 2017 presents Your Songs,Our Songs powered by FM COCOLO』が開催された。

本公演は日本の音楽シーンには欠かせない、プレイヤー、アレンジャー、そしてプロデューサーとして活躍する森俊之(key)、亀田誠治(b)、佐橋佳幸(g)の“森亀橋”の3人が企画したもの。「世代を超えて素晴らしい音楽を繋いでいきたい。音楽の楽しさを共有したい」と、多彩なゲストを迎え、この日限りの奇跡のコラボレーションを披露した。

10年ぶりの開催となったこの日、会場を日本最高峰の音楽の殿堂、フェスティバルホールへと移し、両日合わせて5,000人の観客が集結。盛大な音楽の饗宴を大いに楽しんだ。

出演者は“森亀橋”の3人にドラマー、河村“カースケ”智康が加わった「森亀橋バンド」を中心に、7日に片平里菜、岸谷香、GLIM SPANKY、トータス松本、TOSHI-LOW(BRAHMAN、OAU)、仲井戸“CHABO”麗市、MANNISH BOYS(斉藤和義 / 中村達也) 、miwaが。8日には小田和正、岸田繁(くるり)、さかいゆう、佐藤千亜妃(きのこ帝国)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、Chara、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、吉田美奈子が出演と、豪華なラインナップが揃った。

初日のステージはトータス松本の「笑えれば」のセルフカバーからスタート。次曲ではさっそく片平里菜とともに「サムライソウル」(ウルフルズ)をコラボし、トータスの力強さと片平の凛とした歌声が見事に調和し、初めてとは思えないシンクロ率の高さで会場の熱を高めていく。片平はオリジナル曲「女の子は泣かない」も披露。続くコラボステージでは片平に加え、トータス松本、岸谷香が登場し「風に吹かれて(RCサクセションVer.)」へ。3人それぞれの個性を混ぜ込みつつ、見事な一体感で観客を魅了する。

岸谷香はその後のステージでも、「Diamonds」(プリンセスプリンセス)を力強く歌い上げると、世代を超えたコラボとしてmiwaとともに「世界でいちばん熱い夏」(プリンセスプリンセス)を熱唱。miwaは森亀橋バンドの深みのあるバンドサウンドをバックに、透明度の高い歌声でオリジナル曲「結-ゆい-」「ヒカリへ」を披露していく。

TOSHI-LOWと仲井戸“CHABO”麗市のステージでは、音楽の楽しさを存分に体感させてくれた。TOSHI-LOWが生命力溢れる歌声で「明日なき世界」(RCサクセション)を歌い上げると、「桑名は歌がうめぇから。TOSHI-LOW なら安心してまかせられると思った」とうれしい言葉を伝え、「スウィート・ホーム大阪」(ファニー・カンパニー)へ。CHABOと森亀橋バンドによる「雨上がりの夜空に」(RCサクセション)では、CHABOのご機嫌なサウンドが最高のグルーヴを生み出し、そのあまりの気持ちよさにステージを降りたはずのTOSHI-LOWが観客席最前列から再び登場するうれしいハプニングも。

最後のステージは、より濃厚なロックが会場に響き渡った。GLIM SPANKYがオリジナル曲「怒りをくれよ」で存在感あるハスキーな歌声でバンドを力強く引っ張っていくと、そこにMANNISH BOYSが加わり、「はいからはくち」(はっぴいえんど)でロックの匂いをより濃厚に。MANNISH BOYSはオリジナル曲「曲がれない」などをプレイ。中村達也と斉藤和義の遊び心溢れる演奏に観客は大興奮。

イベント最後にはゲストが再び登場し、斉藤和義のオリジナル曲「歩いて帰ろう」をコラボ。観客も一体となってメンバーと共に音を楽しみ、初日のステージが終了した。

2日目は音楽の素晴らしさはもちろんのこと、声のすごみをより濃く感じるステージが続いた。まず1組目、Charaがいつもと変わらぬ気ままなステージングで「やさしい気持ち」を歌唱。コラボステージでは、佐藤千亜妃(きのこ帝国)とともに「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」(YEN TOWN BAND)、「ひこうき雲」(荒井由実)を共演。佐藤とChara、ふたりの甘さの濃度の異なる歌声が混ざり合い、絶妙なハーモニーが生み出されていく。佐藤はその後もオリジナル曲「桜が咲く前に」で、最若手ながら観客の心にしっかりと印象を残していく。

続いてのステージには、さかいゆうが登場。オリジナル曲「君と僕の挽歌」では臨場感あるバンドサウンドをバックに、厚みのある歌声を聴かせていく。そしてさかいが自身の音楽人生において、多大な影響を受けたという田島貴男とともに「接吻」(ORIGINAL LOVE)、「WINDY LADY」(山下達郎)を熱唱。卓越した森亀橋バンドのサウンドがふたりの声をさらに追熟させ、強い色香の残る楽曲へと昇華させていく。さらに、田島はオリジナル曲「ラヴァーマン」でも、その圧倒的な歌唱力と濃厚な甘い歌声で観客を酔わせていく。

イベントも中盤、まずは吉田美奈子が森俊之と「THE LIFE」(吉田美奈子)を歌とピアノでデュエット。一瞬で会場の空気を整えてしまう、たおやかで迫力ある歌声が響き渡る。吉田がいつか一緒に歌いたいと願っていたという中納良恵とのセッションでは、「FUN!」(吉田美奈子)、「Oh Happy Day」(Respect to Aretha Franklin & Mavis Staples)を披露。ふたりの存在感抜群の歌声に会場からは感嘆の声が漏れ聞こえる。中納は「くちばしにチェリー」(EGO-WRAPPIN’)では空気を一転、その情熱的なパフォーマンスで観客を踊らせる。

いよいよ最後のステージ。まずは岸田繁(くるり)が「春風」で森亀橋バンドと共にすごみの増した演奏を披露。小田和正との注目のコラボでは「ばらの花」(くるり)を歌い、互いの色を見せつつも ふたりの声は見事な融和を遂げていく。そして、「ライブの中でいちばん多く演っている曲。(ほかの)人と演るのは初めて」と語り、「愛を止めないで」(オフコース)へ。「ラブ・ストーリーは突然に」では小田が会場を練り歩きながら歌う、まさかの展開も!  そして最終曲「言葉にできない」(オフコース)へ。ピアノでの弾き語りから森亀橋バンドが寄り添うように音を重ね、紡いでいく。ライブが終わる頃には自然とスタンディングオベーションが沸き起こっていた。

16アーティストによる36曲の名曲が世代を超えて繋ぎ、紡がれていった2日間。FM COCOLO では、この日の模様を特別番組「FM COCOLO SPECIAL PROGRAM 森亀橋 2017 presents Your Songs,Our Songs」として放送。 貴重なライブ音源にバックステージインタビューも加え、2月19日、26日の各日19時から21時まで計4時間にわたって届ける。


番組情報


FM COCOLO「FM COCOLO SPECIAL PROGRAM 森亀橋 2017 presents Your Songs,Our Songs」
02/19(日)19:00~21:00
02/26(日)19:00~21:00

TEXT BY 黒田奈保子
PHOTO BY 三浦麻旅子 / 渡邉一生


170210-CI-193001

170210-CI-193002

170210-CI-193003

170210-CI-193000

170210-CI-193004

170210-CI-193005

170210-CI-193006

170210-CI-193007

170210-CI-193008

170210-CI-193009

170210-CI-193010

170210-CI-193011

170210-CI-193012

170210-CI-193013

170210-CI-193014

170210-CI-193015

170210-CI-193016

170210-CI-193017

170210-CI-193018

170210-CI-195001

170210-CI-195002

170210-CI-195003

170210-CI-195004

170210-CI-195005

170210-CI-195006

170210-CI-195007

170210-CI-195008

170210-CI-195009

170210-CI-195010

170210-CI-195011

170210-CI-195012

170210-CI-195013

170210-CI-195014

170210-CI-195015

170210-CI-195016