TOPM-ON! MUSICEXILE SHOKICHI - [後編...

EXILE SHOKICHI - [後編]自分らしく発信していくことがEXILEというチームを高める

EXILE SHOKICHI - [後編]自分らしく発信していくことがEXILEというチームを高める

EXILE SHOKICHI

インタビュー後半戦! シーンの第一線で活躍するEXILE SHOKICHIだからこそ、できること。1stシングル「BACK TO THE FUTURE」にはこれまで応援してくれた様々な人への感謝であり、決意表明が感じられる。

INTERVIEW & TEXT BY 松浦靖恵
PHOTOGRAPHY BY 洲脇理恵(MAXPHOTO)
HAIR & MAKE BY 三四郎(happ's)


ファンの皆さんに“ありがとう”

──シングル表題曲「BACK TO THE FUTURE」の歌詞には、ファンの方たちへの感謝の気持ちを込めたそうですね。

EXILE SHOKICHI はい。これまで僕はJ Soul Brothers(現・二代目 J Soul Brothers)、EXILE、THE SECOND from EXILEと様々な変革のなかで活動をしてきたけど、僕がどんな場所にいても、つねに応援してくれる皆さんがいてくれることが、自分が歌い続けていくうえで大きな糧になっていたんです。なので、自分がソロを始めるときが来たら、いちばん最初の曲で、ファンの皆さんに“ありがとう”と感謝の気持ちを伝える歌を届けようと決めていました。

──この楽曲にはVERBAL(m-flo)さんとSWAYさんがラップで参加していますね。

SHOKICHI コラボはソロでやってみたいことのひとつだったので、実現できてうれしかったです。「THE ANTHEM」では、ELLY(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が初めてラップに挑戦してくれました。

R-140529-YS52 

日々頑張っている彼女へ

──「遠雷」は風景や匂いが浮かび上がってくるような曲ですが。

SHOKICHI 以前から、言葉から景色が見えてくるような歌詞を書いてみたいと思っていたので、日本語の字面や意味深さを意識しながら歌詞を書きました。アメリカのプロデューサー・アンダードッグスが提供してくれたR&B楽曲に日本語を意識した歌詞を乗せるというアプローチは、とても面白い作業でしたね。

──「HELLO」の繊細な歌声も印象的です。

SHOKICHI 去年、盲目の女子水泳選手の日々を追ったドキュメンタリー番組「まっすぐに智華子、夢へ~全盲の少女、18歳の軌跡~」のナレーションをやらせていただくことになったときに、目標に向かって日々頑張っている彼女にプレゼントした応援歌が「HELLO」だったんです。当初は音源化の予定はなかったけど、放送後の反響が大きくて、音源化してほしいという声も多かったので、今回収録しました。

 

刺激し合いながら作っていきたい

──ところで、ソロ・デビュー発表時に、オフィシャル・サイト上にアップされた動画で、帽子を深く被って顔を隠していた姿はインパクト大でした。

SHOKICHI あの写真はアンダー・グラウンドな匂いやストリート系な感じがしますよね。裏話になっちゃうんですけど、あの写真は実は事務所の駐車場で急遽撮ったものなんですよ(笑)。

──ソロとして、次なる夢や目標は?

SHOKICHI クラブ・カルチャーを含め、音楽に触れる人たちの人口を減らしたくないんです。ソロとして自分が発信できることをやるのは当然ですけど、これが日本の音楽だと誇れるものを、日本から発信できる音楽文化を、チームEXILEとして、将来的にはチームJAPANとして、みんなで一緒に刺激し合いながら作っていきたいです。

インタビュー前編はこちら

 

リリース情報

2014.06.04 ON SALE
SINGLE「BACK TO THE FUTURE」
rhythm zone

J-140529-YS51
[CD+DVD]¥1,800+税
[CD only]¥1,200+税

 詳細はこちら