TOPM-ON! MUSIC舞台「母に欲す」鼎談 - 7月10日に幕...

舞台「母に欲す」鼎談 - 7月10日に幕を開ける舞台「母に欲す」の稽古場に潜入。作・演出を手がける三浦大輔、主演を努める峯田和伸(銀杏BOYZ)&池松壮亮によるスペシャル鼎談をお届け。

舞台「母に欲す」鼎談

 銀杏BOYZの峯田和伸が初舞台を踏む「母に欲す(ほっす)」。作・演出は演劇に役者のリアルなパーソナリティや虚実が交錯する視点を介在させ、公演の度に大きな反響を呼ぶ劇団“ポツドール”の主宰者・三浦大輔だ。三浦は峯田が主演を飾った映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(2010年)で脚本・監督を担い、また銀杏BOYZは三浦の舞台「裏切りの街」(2010年)に劇伴全曲集『SEX CITY〜セックスしたい〜』を提供。現在では盟友とも呼べる関係にある。

 タイトルどおり、この舞台作品のテーマは“母”である。これは、男女関係における滑稽さやひずみを、ときにグロテスクなまでに暴き、そのうえで人間の本質や永遠に得体の知れない愛という概念と対峙してきた三浦が長らく“大きな宿題”としてあたためていたものだという。

 ストーリーの詳細は別枠に譲るが、この舞台では東北のある一家が母の死をきっかけに不協和音が生じ、少しずつ、しかし確実に混乱していく様子が描かれる。その軸となるのは、ふたりの兄弟。兄である峯田と並び立つ弟を演じるのは、池松壮亮。やはり三浦が監督し大きな話題を呼んだ映画「愛の渦」(2014年)に主演し、静謐かつ鮮烈な存在感を放った池松と峯田の共演を、三浦はどのように演出するのか——。峯田、池松、三浦によるロング鼎談。ぜひじっくり読んでほしい。