TOPM-ON! MUSIC朝ドラ「べっぴんさん」劇伴作家に聞いた。...

朝ドラ「べっぴんさん」劇伴作家に聞いた。意外と知らない映画・ドラマ音楽の作り方【世武裕子インタビュー】

日本の朝を彩るNHKの朝ドラ「べっぴんさん」の音楽はこうやって作られていた──。ときにストーリーや登場人物に寄り添い、ときに視覚以上に雄弁に語る映画・ドラマ音楽の世界を、シンガーソングライターであり劇伴作曲家でもある世武裕子に聞いた。

C-20170213-MK-1400世武裕子(せぶ・ひろこ)/パリ・エコールノルマル音楽院映画音楽学科で劇伴作曲家 ガブリエル・ヤレドに師事し、主席で卒業。帰国後、シンガーソングライター・sébuhirokoとして活動する傍ら、劇伴作曲家として映画「ストロボ・エッジ」「オオカミ少女と黒王子」「お父さんと伊藤さん」、ドラマ「べっぴんさん」「恋仲」「好きな人がいること」などの劇伴を担当している。2016年末にアルバム「L/GB」をリリースし、2月15日(水)にブルーノート東京での公演が控える。連載「みんなの映画部」のレギュラー部員のひとり。

「べっぴんさん」は、その時代、その舞台に合わせて音色を考える楽しさがある