TOPM-ON! MUSIC妻が妊娠、親が入院中でも参戦!フジロック...

妻が妊娠、親が入院中でも参戦!フジロックマスター「人生はフジロック」の意味を語る

音楽は一回性の芸術。人生の在り方と同じ

『フジロックフェスティバル ’17』の初日、グリーンステージのトップを飾ったグループ魂の港カヲル(46歳)は開口一番「女はフジロックである」(なぜなら、なかなかヤラせてくれないなら)と言ったが、フジロック準皆勤賞(1997年の初年度は極貧だったためチケットを買えず。1998年以降は、妻が妊娠しているときも親が入院してるときもすべて参加)の筆者は「人生はフジロックである」と言いたい。

「こうしたい、ああしたい」と理想を掲げても思うようにはいかず、雨の日もあれば晴れの日もあり、素晴らしい出会いがあるかと思えば、落胆することもある。音楽はそもそも一回性(=一回起こっただけで、同じことが再び起こることはない)の芸術であるが、それは人生の在り方とまったく同じであり、その事実をもっとも強く体験できるのがフジロックなのだ。