TOPM-ON! MUSICKing Gnuのライブに魅了されたYo...

King Gnuのライブに魅了されたYouTuberめがね×deronderonderonさわいが語り合う、その素晴らしさとは【ライブ感想戦】

持ち前の音楽センス、堅実なスキルをもとに聴衆を魅了するKing Gnu(キングヌー)。『King Gnu One-Man Live 2019 “Sympa”』ツアーを体感した2組に話を聞くことで、King Gnuの魅力に迫ってみたいと思う。

【ライブ感想戦】
King Gnu

King Gnu One-Man Live 2019 “Sympa”

King Gnuの「Vinyl」が起用されたCMに出演、現在は次世代ミュージシャン発掘・応援番組『ジロッケン環七フィーバー』でMCをつとめる、YouTuberのめがね。そして、deronderonderonのボーカル&ギターとして活動するさわいかんが『King Gnu One-Man Live 2019 “Sympa”』を体感。

観客と近い感性をもつめがね、同じアーティストとして彼らのパフォーマンスを見つめるさわい、それぞれが本ツアーを通じて感じたこととは?

【ライブ感想戦 参加者】
YouTuber めがね
deronderondeon さわいかん(vo、g)

deronderonderon さわいかん(vo、g) × めがね

すごいしか言ってないですね、私(笑)

めがね (ライブ中にとっていたというメモを広げながら)最初からカッコ良い。衣装もカッコ良い、イケてるお兄さん集団が来たぞと。舞台セットも良い。

常田大希(g、vo)さんのアンプも水色ベースでいろいろペインティングされてて自分好みでした(笑)……って一瞬で心掴まれましたね。あの気負ってない感じが素敵だなと。

でも、すごい緊張してるってMCで井口 理(vo、key)さんがお話されてて、そう悟らせないのもすごいなって……すごいしか言ってないですね、私(笑)。

さわい いや、でもその気持ちはわかる。僕は『METROCK 2018』で初めてKing Gnuのライブを観て、約1年後にこのツアーを観たんですけど、全然違うバンドになってるなって。

それだけ成長のスピードがえげつないってことなんですけど。僕も曲作りますけど、悔しい悔しくないを超えた、圧倒的すぎてただただすごいなって気持ちです。

めがね CD良くてライブに行った時に、自分が期待しているせいもあるんですけど……「そんなにやな~」ってことが何度かあって、CDはCD、ライブはライブで楽しむものだと思ったんですね。

ただ、King Gnuさんの場合は声も楽器もいつも聴いている以上に面白くて。アレンジが違うんですかね? 期待をはるかに超えた感じでした。一回もしんどいなってなることなく、ずっとライブ観ることができました。

さわい ワンマンライブを観るって受け取り側も結構体力使いますからね。彼らはバンドの雰囲気やイメージ、カリスマ性をもってお客さんをちゃんと良い調教してる感じがする。

わりとKing Gnuのライブ観たら、他のバンドを観れなくなるんちゃうかなって感じがするんですよ。

めがね むっちゃわかります!

やっぱり井口さんの歌が本当にすごいってことを推したい

めがね 実は私、King Gnuさんのライブ観るのは初めてで。自分も出演しているCM(総合人材サービス・パーソルテンプスタッフ「HAKEN ROCK!!」)の曲として使われていたのが「Vinyl」で、その時にKing Gnuの音楽を知ったんですけど、個人的にも彼らを知るきっかけでもあるので“生「Vinyl」”をすごい楽しみにしてました!

最初のドラムの入りも最高で、歌も(CDを)はるかに超えてて……めっちゃ気持ち良かったー。あと、「Flash!!!」の最初のドラム覚えてます? めっちゃ難しそうじゃなかったですか?

さわい 「難しい」って斬新な感想やな(笑)。たしかにあのドラムはしびれる。勢喜 遊(ds、sampler)さんはいろんなバックグラウンドを感じられるドラマーさんで、リズムの取り方ひとつとっても脳みそ溶けそうやなってぐらいずっと観てられる。

勢喜 遊(ds、sampler)

めがね 独特な展開ですよね。トントンって叩いて下がる、トントンまた下がる……みたいな。照明も音も絶妙で、「めっちゃ練習してはんねんな~」って。だから、メモに“ドラムムズない?”って書きました。

さわい (笑)。僕はやっぱり井口さんの歌が本当にすごいってことを推したい。あれだけがなって、裏声もめちゃくちゃ声量あって、激しい曲続いた後に「白日」みたいなバラード歌って、それでいて喉が枯れてない。僕、そんなボーカル観たことないし、喉バケモノやなと。

井口 理(vo、key)

めがね あと、King Gnu初心者の発言で申し訳ないですけど、新井和輝(b)さんも鍵盤弾いてますよね? びっくりしました。こんなにも多彩なバンドっているんですね。

プレーヤーとして個々が確立されたバンド

さわい 多彩ってことでいうと、常田さんもあんな器用なプレーヤーはなかなかいない! めちゃくちゃに弾くわけじゃなく的確に感情を乗せてプレーしてて、なおかつクラシカルな弾き方もできるのはずるいですよね。ベースもタイム感が異常に良い。

新井和輝(b)

めがね タイム感ってどういうことですか?

さわい ダダダダ……っていうシンプルな弾き方ひとつでリズムの善し悪しってわかるんですけど、そのリズムが全部ジャストにキマってる。

めがね へぇー!

さわい 井口さん、常田さんが好き勝手やれてるのも、勢喜さん、新井さんのリズム隊が結構鉄壁の土台を作ってるからで。あんなにおかずもってる若手ドラムってそうそういないですよ。

しかも、半分DJみたいな役割を担ってる。歌を作ってる人たちのリズム隊、繊細なプレーをふんだんにやってるのがKing Gnuですね。

めがね 私のファンの子は10代ぐらいが多いんですけど、King Gnuのライブに行くよって言うと「私も好きです」「King Gnu好きなめがねちゃんもっと好きになった!」とかコメントくれて、今の子にすごい刺さってる音楽なんだなって改めて感じました。

唯一無二が突き抜けたことで、多くの人に支持される

さわい でも、わりと40~50代のファンも多い。テンポとか雰囲気は変わるけど、メロディーとかに完全なるKing Gnuの“節”が存在するのが好まれてるんじゃないかなって思います。

ちょっと歌謡っぽい匂いや洋楽っぽい雰囲気もあるけど、僕は井口さんの声が好きすぎるので偏っているかもしれませんが(笑)、井口さんが歌えば“節”になるんですよね。

めがねちゃんは『ジロッケン環七フィーバー』でKing Gnuと共演してるけど、その時の印象はどうだった?

めがね ファニーなお兄さんたちでした(笑)。だけど、ちゃんと自分がやりたい音楽はこうだっていう芯を持ってらっしゃる方々でもありました。

向上心もあって、その時はどこまで意志が強いんだ……って驚きだったんですけど、今日ライブを観ていろいろしっくりきました。

“ちゃんとかたちになってる! 完成されてる!”って。芸術を観たなって満たされたんですよ。ライブを観て、こういう感情になるってあまりなかったので不思議な感覚でした。

常田大希(g、vo)

さわい 一回のステージを通じての緩急、ライブの深みや訴えかけるものが大きいんですよ。例えば、「Slumberland」でドーン! って華やかなエンターテインメントですよと観客を引き寄せてから、「白日」で聴かせ、「Teenager forever」はちょっとパンキッシュな感じ。

このバンド年数でここまでの深みにたどり着ける人はいるのか? と。唯一無二が突き抜けたことで、多くの人に支持されるという意味でのポップスになる。

めがね そして、エロい! ステージに立つ4人はとても魅力的でした。

さわい 本人たちがもつ雰囲気、人間性。メンバーそれぞれ想像を掻き立てられるキャラクターですよね。

めがね またライブ観たいです!

INTERVIEW & TEXT BY ジャガー
LIVE PHOTO BY 伊藤滉祐


番組情報

※独占初放送
M-ON! LIVE King Gnu「King Gnu One-Man Live 2019 “Sympa”」

05/31(金)22:30~23:30

本公演のライブ映像に加え、ここでしか観ることのできない当日のバックステージの模様と独占インタビューをオンエア。

詳細はこちら


King Gnu プロフィール

キングヌー/常田大希(g、vo)、勢喜 遊(ds、sampler)、新井和輝(b)、井口 理(vo、key)。『SXSW2017』『Japan Nite US Tour 2017』出演。2017年4月26日、バンド名をKing Gnuに改名し、あらたなスタートを切る。

King Gnu OFFICIAL WEBSITE


めがね プロフィール

19歳のYouTuber。次世代ミュージシャン発掘・応援番組『ジロッケン環七フィーバー』でMCをつとめる。

めがね OFFICIAL YouTubeチャンネル


deronderonderon プロフィール

デロンデロンデロン/さわいかん(vo、g)、ばっしー(g、cho)、木越アイ(syn、cho)、もりもとのぞみ(ds)。2014年より本格的な活動を見せる。

deronderonderon OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2019.01.16 ON SALE
ALBUM『Sympa』
Ariola Japan

2019.02.22 ON SALE
DIGITAL SINGLE「白日」
Ariola Japan