TOPM-ON! MUSICNiziU、BLACKPINKなど。エン...

NiziU、BLACKPINKなど。エンタメの底力を見せた、2020年ガールズグループの躍進

世界的にコロナ禍で誰もが不安を抱いた2020年。しかし、ガールズグループの快進撃はとどまることを知らず、彼女たちのエネルギーに感化され、希望を見出したリスナーも少なくないだろう。今回はそんな2020年を彩ったガールズグループの活躍を振り返りたい。

紅白最速出場の記録を塗り替えたNiziU

日本で特に注目を集めたガールズグループといえば、やはりNiziU(ニジュー)である。ソニーミュージックとJYPエンターテインメントの合同オーディションプロジェクト『Nizi Project』で、1万人の参加者から選ばれた9人の女性で結成。6月末にリリースしたプレデビュー作『Make you happy』は世界中の音楽配信サイトの上位に入り、タイトル曲のMV再生回数は1億7千万を突破、“縄跳びダンス”と呼ばれるサビの振り付けも話題となった。つい最近も女性グループとしては史上最速でNHK紅白歌合戦の初出場を決めるなど、新人としては異例の記録が続いている。12月2日には待望のデビューシングル「Step and a step」が発売されるが、先行公開された同曲のMVでは休養中のミイヒを他のメンバーたちが招き入れるシーンが早くもSNS等で話題沸騰中だ。さらにパワーアップしたサウンドとパフォーマンスでより多くの関心を集めることだろう。

 

世界を席巻するBLACKPINK

いっぽうで、グローバルな視点で見るとBLACKPINKの活躍はめざましいものがあった。6月下旬にリリースした「How You Like That」のロングヒットの余韻が消えないまま、夏にはセレーナ・ゴメスとのコラボレーション曲「Ice Cream (with Selena Gomez)」を米ビルボードシングルチャートの上位に送り込んでいる。そして、秋には待望の1stフルアルバム『THE ALBUM』が米ビルボードのアルバムチャートで2位を獲得。これは歴代K-POPガールズグループの最高記録だ。同じく世界的な成功を収めたBTSとともにBLACKPINKも今後の動向から目が離せないビッグネームとなった。

 

あらたな魅力を打ち出したTWICE

国民的アイドルとなった感のあるTWICE。2020年も相変わらずの人気ぶりだったが、チアリーディングを思わせる初期の元気いっぱいのイメージに別れを告げて、サウンドもビジュアルもあらたな魅力を打ち出していたのが印象深い。6月リリースの「MORE & MORE」では “ネイチャー”と“ヒッピー”というふたつのコンセプトで大人びた表情を見せ、10月末にリリースした韓国の最新ヒット「I CAN’T STOP ME」では初の試みである80年代シンセポップで意表を突いた。こうした音楽面でのチャレンジは来年以降も続いていきそうだ。

 

韓国でもっとも勢いに乗る、OH MY GIRL

第4次韓流ブームと呼ばれる昨今、急速に存在感を発揮してきたのがOH MY GIRLである。ヒョジョン、ミミ、ユア、スンヒ、ジホ、ビニ、アリンからなるこの7人組は、2015年4月に韓国でデビュー。活動当初からどんなコンセプトにも対応できる実力派として高く評価されてきた彼女たちは、エキゾチックなポップス「WINDY DAY」やレゲエ風のサマーソング「A-ing」、古き良き時代のジャズを取り入れた「Coloring Book」などで徐々に知名度を上げ、2018年1月リリースの「Secret Garden」の大ヒットで一躍スターダムへ。その人気は海外にも広がり、2019年には正式に日本デビューも果たしている。

グループがさらなる飛躍を遂げたのは、韓国で放送されたテレビ番組『Queendom(クイーンダム)』への参加がきっかけだった。2019年に放送された同番組は、すでに実績のある女性アーティストたちが歌とパフォーマンスで直接対決するという内容で、OH MY GIRLは多彩なステージを繰り広げ、ガールクラッシュ(女性が憧れる女性)的な魅力を見せることに成功。上昇気流に乗った彼女たちは2020年4月に「Nonstop」をリリース。韓国のすべての音楽番組で1位を獲得するほどのヒットを記録した同曲は、メンバー全員にK-POPシーンをけん引するグループとしての自信と誇りを与えたに違いない。

OH MY GIRLの最大の魅力は、アイドルとしての華やかさとガールクラッシュの力強さが共存している点だ。それは11月25日に発売されたばかりの日本1stシングル「Etoile / Nonstop Japanese ver.」でもしっかりチェックすることができる。特にTVアニメ『NOBLESSE-ノブレス-』エンディング主題歌の「Etoile」では前者の魅力を、グループの代表曲となった「Nonstop」の日本語バージョンでは後者の魅力を強くアピールしているのが興味深い。本作のリリースを機に日本でも今まで以上に熱い視線が注がれることだろう。

初期のTWICEを思わせるサウンドメイクで成功したNiziU、ワールドワイドな人気を誇るBLACKPINK、アーティスティックな方向へと舵を切ったTWICE、そして韓国に続き日本での本格的なブレイクも間近なOH MY GIRL。2021年もこの4組が音楽シーンのトップを走ることは、ほぼ間違いない。ここにあらたなグループが入ってくるのか、それとも予想通りなのか。正直なところ今は断定できないが、逆に少し先のことでも読めないからこそ面白いとも言えよう。実はそれが競争の激しいガールズグループシーンの魅力でもあるのだ。

TEXT BY まつもとたくお


番組情報

※収録時、体調不良のためユアは欠席。

★MUSIC ON! TV(エムオン!)にて放送
M-ON! LIVE OH MY GIRL 「OH MY GIRL LIVE TOUR “starlight again”」
【初回】
12/2(水)23:30~25:00

【リピート】
12/22(火)19:00〜20:30

韓ON! BOX!! ~OH MY GIRL SPECIAL~
【初回】
12/22(火)23:30~25:00

MUSIC ON! TV(エムオン!)視聴方法
https://www.m-on.jp/watch/

※MUSIC ON! TV(エムオン!)は、スカパー!やケーブルテレビでご覧いただける、音楽チャンネルです。


リリース情報

【OH MY GIRL】
2020.11.25 ON SALE
SINGLE「Etoile / Nonstop Japanese ver.