TOPWHAT's IN? tokyo 黒羽麻璃央の強みはカメレオン俳優である...

黒羽麻璃央の強みはカメレオン俳優であること。ミュージカル『エリザベート』で本当の“色”を見せる/発揮する/輝かせる役者になる。

東宝版の初演から20周年を迎えた2020年、東宝版史上、最年少でルキーニ役に抜擢された黒羽麻璃央が出演するミュージカル『エリザベート』が4月9日(木)より帝国劇場にて上演される。
ハプスブルク帝国の最後の皇后であるエリザベートと黄泉の帝王トート=“死”の禁じられた愛を描くミュージカルで、1992年にオーストリアで初演、日本版は1996年の宝塚歌劇団雪組公演を皮切りに、東宝版は2000年以降繰り返し上演されている。
今作は20周年記念にふさわしく、エリザベート役に花總まりと愛希れいかのダブルキャスト、トート役には井上芳雄、山崎育三郎と、古川雄大のトリプルキャストという贅沢なメンバーが揃う。そして、訳詞・演出はもちろん小池修一郎だ。