TOPWHAT's IN? tokyo 「モンストは今輝ける場所」 Catsの...

「モンストは今輝ける場所」 Catsのるんるん選手が伝えるプロゲーマーの日常と理想の選手像【モンスト選手インタビュー(1)】

2021年に世界規模で約1,600億円もの経済効果が期待されるeスポーツ。今や海外のみならず、日本国内でも話題の中心に上りつつあるのは、おそらく読者の方々もご存知ではないだろうか。そんな中、PCゲームや家庭用ゲーム作品の競技文化に引けをとらないゲームタイトルがある。そう、スマートフォン向けアプリ『モンスターストライク』(以下『モンスト』)だ。

2013年10月にサービスを開始した『モンスト』は、ご存じのとおり”ひっぱりハンティングRPG”と名付けられたゲームアプリで、おはじきのようにモンスターを弾いて敵を倒していくというのも。そのわかりやすいルールと協力プレイの楽しさから、2019年12月には全世界累計利用者数5,300万ダウンロードを突破したまさにモンスター級のタイトルとなっている。

2015年にはスピンオフの『モンスターストライク スタジアム』(以下『モンストスタジアム』)がリリースされ、こちらは4対4のチーム戦ができるなど競技性を重視した大会向けのゲームアプリとなっており、「モンストグランプリ」や「モンスト プロツアー」と題したeスポーツイベントを精力的に開催。賞金総額1億円という規模感もさることながら 、試合中における各選手や観客の一喜一憂にハッとさせられる。全世界ユーザー数 5,300万という分母を誇る本作は、間違いなくモバイルeスポーツシーンにおいて強烈な存在感を放っていると言えるだろう。