TOPWHAT's IN? tokyo 窪田正孝&二階堂ふみが奏でる“エール”...

窪田正孝&二階堂ふみが奏でる“エール”という名の音楽。朝ドラ『エール』間もなくスタート!

2020年3月30日(月)からスタートの連続テレビ小説『エール』。本作はNHK朝ドラ102作目であり、昭和という激動の時代に人々の心に残る名曲を残した作曲家・古関裕而と、その妻で歌手としても活躍した金子をモデルに描く、音楽とともに生きた夫婦の物語だ。

福島に住む青年と愛知に住む女学生が、文通によって愛を育み、駆け落ち同然で結婚。そして東京へ。音楽によって結ばれた2人は、戦前・戦中・戦後を生き抜き、多くの名曲を世に送り出していく。戦争、遠距離、不遇の時代……そんな数々の苦難をも乗り越え、夫婦二人三脚で紡ぎ出した珠玉のメロディ。それは激動の時代を生きる人々への“エール”となって日本中に響き渡っていく――。

本作で主人公の古山裕一を務めるのは、俳優の窪田正孝。福島で代々続く老舗呉服屋の長男で、気弱な少年だったが、音楽によってその才能を発揮し、独学で作曲を始めていく。そして、裕一の妻でヒロインの関内音には、オーディションによって選出された女優の二階堂ふみが登場。実力と人気を兼ね備えた2人の化学反応は想像以上にピュアで柔らかく、本作によって新たな魅力を開花させている。