TOPWHAT's IN? tokyo 福原遥 ニューシングル「透明クリア」。...

福原遥 ニューシングル「透明クリア」。カップリング「モノクローム」とともに、新感覚のエールソング2曲に秘めた想いを訊く。

まいんちゃんやナメコ、プリキュアにウレロに声ガールなどなど。子役として活動を始めて以来、様々な作品を通してピュアで凛とした歌声とダンスを披露してきた福原遥。「昔から音楽に支えられてきたし、勇気をもらってきたので、自分も誰かの背中を押せる曲が歌いたいとずっと思っていた」という彼女は、昨年8月に1stシングル「未完成な光たち」でシンガーデビューを果たし、<大丈夫だよ/一人じゃない>という聴き手に寄り添うメッセージを届けた。そして、前作から7ヶ月ぶりとなるニューシングル「透明クリア」は、彼女が作詞家のいしわたり淳治と綿密なミーティングを経て制作された新感覚のエールソングとなっている。女優としても日増しに注目度が高まっている福原遥が「今、伝えたいこと」とは——。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 荻原大志


◆いろんな曲に触れてみたいし、音楽をもっと自由に楽しみたい
福原 遥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ーー 昨年の夏に本格的に歌手活動がスタートしました。

昨年を振り返ってみると、ファンの方との距離が近かった1年だなと思います。会える機会もたくさん増えたし、曲を間近で歌うことができたことも嬉しかったです。歌手活動を始めるときは、自分からファンの方に向けて、何か届けられるものがあったらいいなと思ってたんですけど、逆にファンの方からたくさんの笑顔や温かい声をいただいてしまって。自分がもらう方が多かったなと思いました。