TOPWHAT's IN? tokyo モーター改造、ボディ肉抜き……『ミニ四...

モーター改造、ボディ肉抜き……『ミニ四駆 超速グランプリ』でカスタマイズは思うがまま!

1980年~1990年代を小、中学生として過ごした人ならば存在を知らない人はいないであろう、四輪駆動で走るモーターを内蔵した全長約15cmのレーシングホビー“ミニ四駆”。膨大なパーツを用いて自分だけのマシンを生み出せるカスタマイズ要素、作り上げたマシンを持ち寄って専用サーキットを走らせる大会、そしてコロコロコミックとの連動などで当時の子供たちの間で一大カルチャーを築いていたミニ四駆の世界が、スマートフォンアプリ『ミニ四駆 超速グランプリ』となって令和の時代に復活。今回は、ミニ四駆に触れたことがある“元”子供なら心を惹かれるポイントが満載な本作の魅力を紹介していきたい。



文 / マンモス丸谷


◆マシンカスタマイズを手軽に体験!
『ミニ四駆 超速グランプリ』の特徴としてまず挙げられるのが、1981年生まれの筆者のような30~40代、俗にいう第1次、第2次ミニ四駆ブームを経験した世代にはグッとくる世界設定であるという点。ゲーム中に登場するのはミニ四駆ブームを牽引したコミック『ダッシュ! 四駆郎』、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』等のキャラクターであり、彼らが愛用していたマシンももちろんアプリ内に登場している。余談ではあるが、現在ミニ四駆は第3次ブームといえる盛り上がりを見せていて、当時の人気マシンが現代の技術で復活したり、コミックで『ハイパーダッシュ! 四駆郎』、『爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!』として連載されたりしている。興味のある人はタミヤコロコロアニキの各オフィシャルサイトもチェックしてみてほしい。