TOPWHAT's IN? tokyo 『エール』スタート直前! 朝ドラ初出演...

『エール』スタート直前! 朝ドラ初出演から10年経って窪田正孝が実感した、主役という重み

春の訪れとともに、連続テレビ小説=朝ドラ『エール』のスタートもいよいよ目前に。今作は、「栄冠は君に輝く」や「六甲おろし」といった応援歌をはじめ、ヒット曲や校歌、社歌などにいたるまで、生涯で5,000曲以上を作曲した古関裕而・金子夫妻をモデルに、音楽とともに人生を歩んだ夫婦を描いていく物語だ。これまで『半分、青い。』『なつぞら』と朝ドラを掘り下げてきたWHAT’s IN? tokyoは、今季も放送開始からラストまで『エール』を追いかけ、キャストや関係者のインタビューなど、読み応えのある特集を展開する。

連続テレビ小説『エール』より



記念すべき第1回は、主演の窪田正孝が登場! 初の朝ドラ出演作『ゲゲゲの女房』から10年、『花子とアン』を挟んで“三作目の正直”で主演を務めている現在の心境を、細やかに語ってもらった。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志


◆現場では「自由に、面白い作品をつくろう!」という心意気をすごく感じるので、お茶の間にも届けばいいなと思っています。
ーー 『エール』の放送開始まで、あとわずかとなりました。WHAT’s IN? tokyoでは、半年に渡って『エール』の特集を組んでいきまして…その一番手として、窪田さんにご登場いただきます。