TOPWHAT's IN? tokyo 終わりから始まるRPG『勇者死す。ag...

終わりから始まるRPG『勇者死す。again』余命5日間で愛する人を探せるか

『リンダキューブ』や『俺の屍を越えてゆけ』など、一風変わった作品が目を引く個性派ゲームデザイナー桝田省治氏が手掛けたRPGゲーム『勇者死す。』のリマスター版『勇者死す。again』が発売されました。『勇者死す。』はストーリー展開が異質で、“終わりから始まるRPG”という斬新さや世界設定で話題になったRPGです。2007年にケータイアプリの配信から始まり、2016年にPlayStation®Vita版が発売されています。“限られた時間で物語を進める”といった基本ルールの本作は、 桝田省治氏による“濃いシナリオ”も相まって13年の時間が経ったいまでも 類似作品が存在しないほど強烈なオリジナリティを放っています。 タイトルからわかることは勇者が死んでいるということだけ。”終わりから始まる”とは一体何が始まり、どのように終わるのか。”限られた時間”とは長いのか短いのか。本作が長く支持され、プレイヤーを惹きつけてやまない理由とその内容を紹介していきます。



文 / みかそ


◆何を成して何を成さぬのか……取捨選択の5日間
『勇者死す。again』は、通常だとラストシーンとなるラスボスの魔王との戦いから幕を開け、勇者が魔王と刺し違えて決着したところから物語がスタートします。勇者が目を覚ますと目のまえに天使ユリアが現れ、自分が魔王との戦いの際に命を落としたことを知らされます。そして魔王と戦ったその勇気を称えた神様から”余命5日間”が与えられたことを告げられ、勇者は生き返ります。