TOPWHAT's IN? tokyo 戦国時代の絶望バトル、再び!『仁王2』...

戦国時代の絶望バトル、再び!『仁王2』死闘の先の痺れる快感

2020年3月12日、ついに『仁王2』がPlayStation®4で登場。2017年にリリースされた『仁王』の続編で、戦国時代の日本を舞台としたアクションRPGだ。『DARK SOULS(ダークソウル)』シリーズに代表される、いわゆる“死にゲー”で高い難度が特徴。前作では強力な敵のまえに、涙をのんだプレイヤーも多かったのではないだろうか。さて、そんな新たな“死にゲー”である『仁王2』はどのような作品に仕上がっているのであろうか。新要素などを紹介しつつ、その魅力をレビューしていく。



文 / 板東篤


◆藤吉郎と共に戦国時代を駆け抜ける!
まずは本作の概要から紹介していこう。時は1555年、戦国時代の日本が舞台。主人公は人間と妖怪の間に生まれた“秀”で、美濃の国(現在の岐阜県)にて傭兵や妖怪退治を行いながら暮らしていた。妖怪が存在している日本という世界設定は、前作より引き継いでいるシリーズ通しての特徴だ。さてある日、妖怪の力が暴走してしまった主人公は藤吉郎という商人に助けられる。以後、ふたりは妖怪が蔓延る戦国時代を生き抜き、妖怪の力の活用で立身していく藤吉郎を追っていくこととなる。