TOPWHAT's IN? tokyo YuNi 透き通った声質の魅力。歌のテ...

YuNi 透き通った声質の魅力。歌のテクニックと表現力は、VTuberアーティストシーンでもトップレベル

魅力的なコンテンツを発信し続けるVTuber(バーチャルYouTuber=3DCGのキャラクターによるYouTuber)は、いまや日本のエンターテインメントに不可欠な存在。今年ついに1万人を超えたVTuberのなかから、精力的に音楽活動を行っている“アーティスト”を紹介します。“VTuberの音楽活動って、どんなことやってるの?”というビギナー方も大丈夫。優れたシンガー、クリエイターが集結しているバーチャル・アーティストの世界へようこそ!


【(自称)世界初のバーチャルシンガー】として2018年6月に登場したYuNiは、デビュー当初から現在に至るまで、“歌”にこだわった活動を続けている。最初の投稿は自己紹介ではなく、いきなり“歌ってみた”。坂本真綾の名曲「プラチナ」(1999年/アニメ『カードキャプターさくら』オープニングテーマ)を透明感のある声で瑞々しく歌い上げ、「また一人、VTuber界隈に歌のスゲー奴が現れた」「声の伸びが凄い綺麗」と高評価を獲得した。

ボーカリストとしてのポテンシャルの高さを強く印象付けたのは、「シャルル」(ボカロP“バルーン”こと須田景凪が2016年に発表したヒット曲)のカバー動画。原曲(及び須田景凪のセルフカバー)はヒリヒリとした緊張感に溢れた楽曲なのだが、YuNiバージョンは透き通った美しさ、可愛さがあり、それが彼女の個性につながっていた。この動画は2020年5月時点で890万回以上の再生数を記録。この投稿をきっかけにチャンネル登録者も一気に増え、VTuberシーンでの注目度もアップした。