TOPWHAT's IN? tokyo でんぱ組.inc 初披露の曲や凝ったV...

でんぱ組.inc 初披露の曲や凝ったVJなど、オンラインライブならではの実験と感動を味わえる、興奮の約2時間をレポート。

でんぱ組.incが、5月16日(土)に、オンラインライブ『THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE』を開催した。

でんぱ組は、本来であれば5月2日から全国ツアー『THE FAMILY TOUR 2020』を行う予定であったが、新型コロナウイルスの影響により全公演が中止。しかし、こうした状況下でもでんぱ組のライブを届けたいという思いから、ツアーで行う予定だったセットリストそのままの有料オンラインライブを敢行した。

でんぱ組の新たなスタイルのライブに期待が高まる中、チェック柄の衣装を着たメンバーが登場。6分割の画面上段に藤咲彩音、相沢梨紗、成瀬瑛美、下段に鹿目凛、古川未鈴、根本凪が並び、「愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ」からライブはスタート。メンバーは別々のブースで歌っているためダンスパフォーマンスはできないが、その分ボーカルに注力して丁寧に力いっぱい歌唱。画面にはVJのエフェクトが入り、ビジュアルでも楽しませる。VJだけでなく、個々のブースのライティングもバッチリ。観客は“#でんぱ組オンラインライブ”のハッシュタグで応援コメントを送ってメンバーを応援した。

MCで古川は「前代未聞な感じのオンラインライブお届けしてます。オンラインですが、ワンマンライブをやっていく気で今日はがんばります!」と気合いを見せる。ライブに戻ると、賑やかなポップチューン「ボン・デ・フェスタ」で明るさを届け、「子♡丑♡寅♡卯♡辰♡巳♡」ではメンバーの顔に干支のエフェクトが乗ったりと立体的に楽しませていく。「いのちのよろこび」では、“One Love”のハモリからパーカッションが鳴り響き、プリミティブなお祭りが展開。後半にはメンバーが発光し、ラストはシンガロングでピースな空間を作り上げた。そして、空気をチェンジするようにシティポップテイストの「もしもしインターネット」を初披露。メンバーがVJの世界にがっつり入り込んでいく、オンラインライブならではユニークな演出は眼を見張るものがあった。ジャジーな「形而上学的、魔法」でメンバーは大人っぽい歌を聴かせ、絵的には暗めな照明でエフェクトもガンガンに入る。まさにリアルタイムの映像作品と言った雰囲気すら感じた。