TOPWHAT's IN? tokyo 26年振りのシリーズ新作『ベア・ナック...

26年振りのシリーズ新作『ベア・ナックルIV』随所に見られる”ベア・ナックルらしさ”が嬉しいベルトスクロールアクションの魅力

2018年にフランスのゲームパブリッシャーDotEmuより制作が発表され、オールドゲーマーの注目を一気に集めた『ベア・ナックルIV』。PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PCとひととおりの機種で発売されたこともさることながら、デザイナーの手描きで生み出されたアクセルやブレイズの姿に、思わず唸りを上げた方も多いのではないだろうか。そこで本稿では、2020年4月30日に発売された本作を平成生まれのゲームライターがご紹介。これから購入を考えている方はもちろん、既にプレイして悪漢をしばき倒している熱心なファンも目を通していただけると幸いだ。



文 / 龍田優貴


◆懐かしくも新しい『ベア・ナックル』の紛うことなき新作
『ベア・ナックルIV』のレビューへ入る前に、少しシリーズ作品について振り返りたい。メガドライブ用ソフト『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』に端を発する本シリーズは、数えること実に29年の歴史を誇る。人間で言えばぶっちぎりのアラサーであり、ベルトスクロールアクションの名作として今なお根強い支持を受けているのは間違いないだろう。だが最新ナンバリングタイトルのリリースという点では、1994年の『ベア・ナックルⅢ』を最後とし、20年を超える眠りについていた。移植版などの展開はあれど、長らく新作が日の目に出ることはなかったのだ。