TOPWHAT's IN? tokyo ときのそら ”歌が好き!”という真っ直...

ときのそら ”歌が好き!”という真っ直ぐな思い。VTuberシーンにおける、理想のアイドル像。夢は“横浜アリーナ単独公演”

魅力的なコンテンツを発信し続けるVTuber(バーチャルYouTuber=3DCGのキャラクターによるYouTuber)は、いまや日本のエンターテインメントに不可欠な存在。今年ついに1万人を超えたVTuberのなかから、精力的に音楽活動を行っている“アーティスト”を紹介します。“VTuberの音楽活動って、どんなことやってるの?”というビギナー方も大丈夫。優れたシンガー、クリエイターが集結しているバーチャル・アーティストの世界へようこそ!


親しみやすくてキュートなビジュアル、気鋭のボカロ系クリエイターが手がけたポップな楽曲、そして、”歌が好き!”という真っ直ぐな思い。“ときのそら”はVTuberシーンにおける、理想のアイドル像だと断言したい。

ときのそらは、5月15日生まれの18歳。小さい頃からアイドルに憧れ、「いつか横浜アリーナのステージに立ちたい」という夢を抱いていた彼女は、2017年9月からニコニコ生放送で活動をスタート。最初の生放送(【17/09/07放送】ときのそらVR生放送アーカイブ【#001】)では視聴者が10数人しか集まらなかったが、親しみやすく、ちょっと天然なキャラが受け、徐々にファンを獲得。2018年からはYouTubeにも進出し、バーチャル・アイドルとして知名度を得た。同時に”歌ってみた“動画も次々とアップ。VTuberの富士葵とのコラボ・ユニット”そらあお“による「ライオン」(May’n/中島愛)のカバーで大きな注目を集めたのをきっかけに、シンガーとしても少しずつ存在感を強めてきた。