TOPWHAT's IN? tokyo 安井かずみと中島みゆき~自粛による生活...

安井かずみと中島みゆき~自粛による生活が続くなかで女性の作詞家にしか書けない”ことば”について考えた

必要があって数年ぶりに「安井かずみがいた時代」(島崎今日子・著 集英社 2013)を読み直していたら、初めて読んだときには気にもかけなかったところに、目がスーッと引きつけられた。
そして思春期の頃に聴いていたカヴァーポップスが、一気によみがえってきたのである。

ザ・ピーナッツ「レモンのキッス」、梓みちよと田辺靖雄「ヘイ・ポーラ」、 岸洋子「ドナドナ」、アダモ「雪が降る」…、いずれも訳詞は20代の安井かずみ(ペンネーム/ミなミかずミ)だった。
そこでオリジナルの楽曲を聴き直してみると、今でも“ことば”が輝いて感じられることに驚かされた。