TOPWHAT's IN? tokyo 『イエスタデイをうたって』冬目 景が描...

『イエスタデイをうたって』冬目 景が描く文学的で「危うい」世界。入門にもおすすめの単行本をご紹介

4月よりアニメ放送中、2000年代初頭の日本を舞台にリアリスティックかつ繊細な人間ドラマが描かれる『イエスタデイをうたって』。原作は1998年から2015年にかけて長期連載された、冬目 景によるマンガ作品だ。デビュー以来一貫してアナログ作画にこだわり続け、時にファンタジックな設定も交えた多彩な作品を発表してきた同作者。アニメで初めて氏の名前を知った人にもおすすめしたい、「冬目 景 入門」としておすすめの単行本をご紹介。

文 / 兎来栄寿


◆才能の萌芽を見る最初期短編集
©冬目景/幻冬舎コミックス





■『僕らの変拍子』
1992年、「コミックバーガー」(後の「コミックバーズ」)の9月22日号に掲載された「六畳劇場」でデビューした冬目 景。『僕らの変拍子』は、そのデビュー作を含む1992年〜1994年の間に描かれたキャリア初期の短編が7篇収録された短編集です。冬目 景という作家の淵源を窺い知ることのできる一冊となっています。

演劇の道を諦め、同じ道を目指していた彼氏とも別れて普通のOLとして働く夢破れた女性を描くデビュー作の「六畳劇場」、彼女と同じ大学に入るために努力していた浪人生に大きな転機が訪れる二作目の「こんな感じ」など、恋愛という関係性の中で葛藤したり翻弄されたりするキャラクターの話がこの頃から多く見られます。