TOPWHAT's IN? tokyo 西川貴教 無限のポテンシャルを秘めた若...

西川貴教 無限のポテンシャルを秘めた若き実力派・ASCAとの「+」のコラボレーションとは

荘厳かつダイナミックに構築されたスケール感溢れるサウンドと、エモーショナルに絡み合う歌声にたちまち心を奪われる。西川貴教が若き実力派シンガー・ASCAと初タッグを組み、“西川貴教+ASCA(ニシカワタカノリ アンド アスカ)”として世に放つニューシングル「天秤-Libra-」。4月からスタートしたアニメ『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』のオープニングテーマとしてもすでに大きな話題を呼んでいるこの曲が、遂にリリースされた。西川にとって女性ヴォーカリストとのデュエットソングは2013年以来、実に7年ぶりとなる。そんな今作について、コラボレーションの経緯や制作過程、ASCAとの関係性、必見のMVに関してなど、西川貴教にたっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 本間夕子


◆純粋に今回の楽曲と世界観に合う歌声っていうところで選ばせていただいた
ーー 今回のコラボはどういった経緯で生まれたものなんでしょうか。やはり最初にアニメ『白猫プロジェクトZERO CHRONICLE』オープニングテーマというお話があって、そこからASCAさんとのタッグが決まったというような?

そうですね。最初にオープニングテーマのお話が僕のところに来て、どういった形で作品に落とし込むかを(『白猫プロジェクト』を手掛ける)コロプラさんといろいろディスカッションしていく中で、作品の世界観を反映させてほしいというオーダーをいただいたんです。『白猫プロジェクト』には闇の王子と光の王・アイリスっていう男性と女性、2人の主人公が出てくるんですけど、その2人の立場や世界観というものを、楽曲を通して表現できないかと。そこで、じゃあどういった方と一緒に組むといいのかを探っていく中で、ASCAさんと歌わせていただくことになったんです。