TOPWHAT's IN? tokyo シリーズの根底にある「気品」こそがネオ...

シリーズの根底にある「気品」こそがネオロマンス! 幕末の『遙かなる時空の中で5』と大正浪漫の『遙か6』を振り返る!【作品解説その2】

長い時を越え愛される続ける女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「遙かなる時空の中で」シリーズ。6月18日(木)に発売予定のNintendo Switch向け新作『遙かなる時空の中で7』に向けて、これからシリーズに触れる方向けに3回に渡って「遙か」の歴史をまとめる本企画。3回目となる本稿では、シリーズ5作目と6作目について詳しくお届けします。1回目の基礎知識編、2回目のシリーズ1~4の解説もご一緒にどうぞ。皆様の遙かなる時空の旅のお供になれば幸いです。

文 / みかめゆきよみ


◆現代と異世界を駆け抜ける『遙かなる時空の中で5』


2011年2月24日に発売されたシリーズ第5弾。舞台は日本史でいうところの幕末。主人公の蓮水ゆきは留学先から帰国途中、飛行機事故に巻き込まれ異世界に時空移動してしまいます。PSPにて本編の『遙かなる時空の中で5』と、続編の『遙かなる時空の中で5 風花記』が発売されています。

▲幕末といえば坂本龍馬! 異世界に時空移動してしまった主人公の前に颯爽と現れ危機から救ってくれます



◆『遙かなる時空の中で5』の八葉たち
▲天の青龍:桐生瞬(CV.寺島拓篤) 主人公の家に拾われ兄弟同然に育てられた幼馴染。保護者代わりでありながら無口で無表情。主人公を守りつつも、必要以上に近づかず、そっけない態度をとる





▲地の青龍:坂本龍馬(CV.鈴村健一) 土佐藩開国派の幕末志士。明るく飄々としており、気が向いた時に主人公の前に現れては主人公を「お嬢」と呼び、気軽に話しかけてくる。人望があり、実力と行動力を備えた人物





▲天の朱雀:チナミ(CV.阿部敦) 水戸藩尊王攘夷派の幕末志士。天狗党の首領格。不遜だが、義理人情に厚く感動屋。恋愛沙汰には疎い。偉大な思想家の父や立派な兄を尊敬している





▲地の朱雀:沖田総司(CV.岡本信彦) 新選組(佐幕派)の一番隊隊長。いつも曖昧な微笑みを浮かべている。自分の意思や感情が欠けていて、上司のに命ならどんな任務でも表情一つ変えずに刀を振るう剣士





▲天の白虎:小松帯刀(CV.立花慎之介) 薩摩藩の家老。尊王佐幕派。理知的で合理性を尊ぶ。融通が利かなそうに見えて、適応力と現状を把握する能力に優れている





▲地の白虎:福地桜智(CV.竹本英史) 佐幕開国派の幕臣。艶やかで気だるげな雰囲気の美丈夫。「夢の屋」という名で情報屋としても知られている。神出鬼没で幕臣でありながら勢力に拘らず情報を提供している





▲天の玄武:アーネスト・サトウ(CV.四反田マイケル) イギリスの外交官兼通訳。開国派。ソフトで穏やかな態度を崩さない、王子様のような青年。外交官としては非常に有能で、どのような嫌味や差別も笑顔でかわすが……?





▲地の玄武:高杉晋作(CV.安元洋貴) 尊王攘夷派である長州藩の過激な一派のリーダー。冷酷で傲岸。堂々とした帝王のような風格がある。どのような危機的状況においても落ち着いており、精神的に成熟している





幕末に活躍する志士が思想や立場を越えて八葉として一堂に会する。まさにドリームチームです。