TOPWHAT's IN? tokyo UVERworld 初の配信ライブで魅...

UVERworld 初の配信ライブで魅せた新たな景色、未来への希望

すべての人の行動様式、生活様式がこんな形で一変してしまおうとは誰が予測しただろう。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に誰もが変容を強いられ、音楽業界もその例外ではない。国より大規模イベントの自粛を要請された2月下旬以降、とりあえず緊急事態宣言は解除となった今もなお、これまでのようなコンサートやイベント、ライブが開催可能となる見通しはまるで立っておらず、アーティストやミュージシャンをはじめ音楽に関わる人間はそれぞれに道を模索し続けているのが現状だ。そうした状況に先鞭をつけるべくUVERworldが、バンド結成20周年を迎える2020年6月6日に“UVERworld 20&15 ANNIVERSARY LIVE”と冠し、「PIA LIVE STREAM」にてファンクラブ会員限定の動画配信ライブを敢行した。それは彼らのライブの締めくくりに常にTAKUYA∞が口にしてきた「新たな時代に足跡つける、俺たちがUVERworld。よろしくどうぞ!」の決め口上をそのまま体現するかのごとき、21年目の画期的第一歩だったのではないだろうか。

取材・文 / 本間夕子


◆記念すべきバンド結成20周年という日に懸ける彼らの意気込みまでもが伝わってくる
配信開始は18時30分。待ち遠しさの余り、開場時刻とされた17時30分を回るや否や視聴ページにアクセスしてみる。画面にライブタイトルと今日の日付、“配信開始までしばらくお待ちください”の文字が静止画状態で表示されるなか、BGMに流れる『UNSER』(このときは「Making it Drive」)にいきなり熱いものが込み上げてきた。いつも聴いているのに、いつもとはまるで違う。自宅で一人パソコンに向かってはいるけれど、この昂揚感、ドキドキとワクワクが腹の底から迫り上がってくる感覚は紛れもなくライブ会場で開演を待っているときのそれだ。おそらく何万人というCrew(※UVERworldファンの総称)が同じ気持ちで画面を覗き込んでいるに違いない。18時を過ぎてからはCrewにはお馴染み、大岩Larry正志がアドリブでアテレコしたメンバーのオフショット動画(しかも“UVERworld LAST Tour 2010”、「WE ARE GO」MV以来、久々の新作!)も差し挟まれ、観る者の期待をいよいよ煽る。記念すべき今日という日に懸ける彼らの意気込みまでもが伝わってくるようだ。

静止画面の表示が“Start Soon! Are U Ready?”になり、そして予定時刻きっかりに映像へと切り替わった。SEの「UNSER」が鳴り渡った直後、真太郎のドラムソロが炸裂。1辺3メートルほどだろうか、ほぼ正方形のステージを挟んで彰と誠果、克哉と信人がスタンバイするその場所に、ついにTAKUYA∞が姿を現した。「ホォ〜〜ッ!」と猛るTAKUYA∞の高らかなシャウト、アグレッシヴに迸る演奏。待望の1曲目は「Don’t Think. Feel」だ! 曲がスタートした途端、映像はモノクロからカラーへ。その瞬間、画面のこちら側と向こう側が確かにつながったと実感した。

◆「喜んでるよ、きっと。喜んでる、絶対に」と、TAKUYA∞は画面の前にいるCrew一人ひとりに手渡すようにそう言った
「喜んでるよ、きっと。喜んでる、絶対に。今日はみんなが喜ぶセットリストをちゃんと持ってきてるから。21年目に相応しい最高のライブ、パフォーマンス、画面を超えてお届けします」

「stay on」「ODD FUTURE」と立て続けに披露し、さらに間髪入れず「激動」のイントロSEが流れ出すと、TAKUYA∞はメンバーを見やりながら、画面の前にいるCrew一人ひとりに手渡すようにそう言った。声が少し震えて聞こえたのはついにライブが実現した喜びと、それから、もしかすると久々にノド全開で歌っているため、かつハイペースに畳み掛けすぎたためかもしれない。もちろん圧倒的に喜びが勝っていることは無邪気に輝く彼の目を見れば一目瞭然だろう。彼だけじゃない。6人が6人、本当に幸せそうな表情をしている。振り返れば2月22日の“克哉生誕祭”を最後に延期となってしまった“UVERworld LIVE HOUSE TOUR 2020”以来、彼らにとっても約3ヵ月ぶりのライブ。また、メンバー同士が会うことも3月以降、このライブのためのリハーサルまでなかったというから、その喜びは我々の想像を遥かに超えるはずだ。「思いっきりいけよ!」とTAKUYA∞から発破をかけられた真太郎が大きくシンバルを打ち鳴らしたのを合図に、一気呵成になだれこんだ「激動」にはそんな彼らの歓喜に裏打ちされた躍動感が溢れ、それをリアルタイムで観られること、彼らやたくさんのCrewと共有できることがまたしみじみとうれしい。同時に当たり前が当たり前じゃなくなってしまったこの世界、新型コロナウイルスがもたらした変容の深刻さについてもやはり感じずにはいられなくなってしまう。どれだけ一緒に歌い叫んでも、こちら側の声は画面の向こうに届かない。厳然としたその事実を寂しいと思ってしまったのも正直なところだ。