TOPWHAT's IN? tokyo 『エール』の主人公・裕一役が好評の窪田...

『エール』の主人公・裕一役が好評の窪田正孝。過去の“朝ドラ”出演2作品で見せた名演を掘り起こす!

連続テレビ小説=朝ドラ『エール』は、間もなく物語の折り返し点を迎える。音楽を通じて出会い、夫婦になった古山裕一と(旧姓・関内)音がハーモニーを(時には不協和音も!?)織りなすように紡いでいくストーリーも好評で、次なる展開への関心も高い。個性豊かなキャスト陣の注目度も上昇する中、この機会に改めて主演を務める窪田正孝にスポットを当ててみる、というのが当コラムのテーマ。というわけで、過去に出演した朝ドラ2作での彼に的を絞ってプレイバックしていく。歴代の朝ドラ作品を観てきた人にはもちろん、『エール』で窪田正孝という俳優を知った人、『エール』で初めて朝ドラを観るようになったという窪田ファンの人にも、彼の“朝ドラ歴”を紹介できれば、これ幸いに──。

文 / 平田真人


さかのぼること、ちょうど10年前。2010年度前期(4〜9月)に放送された『ゲゲゲの女房』で、窪田は初めての朝ドラ出演を果たした。役どころは、向井 理演じる村井 茂=水木しげるのアシスタント・倉田圭一。『墓場の鬼太郎』や『悪魔くん』のヒットで、茂ひとりでは連載を続けていくのが大変になり、人手を探していたところ、抜きん出た画力を茂に見初められる──という経緯で、物語に登場する(第17週「プロダクション旗揚げ」の第98回)。大阪で看板屋に勤めるかたわら、せっせとマンガを描いては投稿していた夢多き青年は、売れっ子となった茂のお墨付きをもらって意気揚々と上京。ヒロインの布美枝(松下奈緒)たちへの挨拶もそこそこに、さっそく締め切りに追われる茂の作業を手伝うことに。そのくだりで『巨人の星』の星飛雄馬さながら倉田の瞳が炎となって燃えさかり、マンガに対する熱血度の高さがうかがい知れるという、ちょっとした遊びのきいた演出がほどこされている。生真面目な性格のキャラということもあって、本作では真顔が多いのも特徴。だからこそ、時折見せる笑顔の破壊力がえげつない(顔つきそのものはまだあどけなく、横分けした髪型もどこか初々しい)。また、自身は生粋のハマッ子である窪田が大阪弁の絶妙なイントネーションのセリフを終始聞かせてくれるというのも、トピックの1つとなった。その後、『花子とアン』では甲州弁、『エール』では福島弁と、いずれも朝ドラでは方言を話すことになるのを考えると、なかなかに興味深い。

ちなみに、水木プロ初期のアシスタント3人衆は、倉田と斎藤 工演じる小峰 章、柄本 佑扮する菅井 伸という…今からすると何とも豪華な顔ぶれ。お互いを「小峰さん」「倉さん」「スガちゃん」と呼び合う関係性もさることながら、冷静沈着で飄々とした小峰、ストイックで情熱家の倉田、画力の心もとなさを人柄と調子の良さでカバーする愛されキャラの菅井と、トリオのコントラストも絶妙だったことを追記しておこう。