TOPWHAT's IN? tokyo 服部克久さんが山下達郎について、「世間...

服部克久さんが山下達郎について、「世間話をしない人で、どこか父の良一に通じるものを感じる」と語っていました

シンガー・ソングライターの山下達郎が6月14日(日)に放送されたTOKYO FMのレギュラー番組『サンデー・ソングブック』の中で、11日に83歳でお亡くなりになった服部克久さんについて、「日本の最高峰の編曲技術を持った方」だったと語っていたのを聴いていた。

私は、33年ぐらいお世話になっております。
たくさん仕事させていただきまして、たくさん助けていただきました。
(竹内)まりやの場合はさらに長くて、40年のお付き合いになります。
本当に、人間的にも音楽的にも、いろんなことを教えていただきました。
1993年のアルバム『シーズンズ・グリーティングス』では、毎日のようにディスカッションをする中で、スタンダード曲やクリスマスソングをオーケストラ・アレンジにして歌うため、がっぷり四つで取り組んでもらったという。
またとりわけ気に入った作品だったという「Forever Mine」については、ロンドン録音時のエピソードをまじえながら話した後で、日をあらためて服部克久さんの特集番組を行いたいとも述べた。