TOPWHAT's IN? tokyo 妄想力旺盛な人ほどプレイすべし! 16...

妄想力旺盛な人ほどプレイすべし! 16年の時を経て蘇える『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』はやっぱり神ゲーだった

穏やかな学園生活の裏に隠された《秘宝》の謎。強大な権力を持つ「生徒会」の暗躍。そして墓地の地下に広がる巨大な超古代遺跡の探索――。独特の世界観や濃い登場キャラクターで多くのファンの心をとらえたプレイステーション2用ソフト『九龍妖魔學園紀』が発売されてから約16年。ADV+探索&バトルの名作である本作が、2020年6月4日にNintendo Switch用ソフト『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』としてリメイクされた。メインシナリオパートのフルボイス化や、遺跡探索パートの16:9ワイドスクリーン対応、3種類の難易度設定、背景やアイテムといったグラフィックの再構築など、過去作から強化された内容は多岐にわたる。ここでは、発売から16年経っても色褪せずにプレイヤーの「妄想力」を刺激して止まない『九龍妖魔學園紀』の魅力を中心に語っていきたい。



文 / 福西輝明


◆オリジナルの良さを生かした“程よいリメイク”
2004年に発売された『九龍妖魔學園紀』は、『東京魔人學園伝奇』シリーズや、その後に登場する『魔都紅色幽撃隊』と共通の世界観を持つ「学園ジュヴナイル伝奇」シリーズのひとつとして制作された。舞台や登場人物はごとに異なるが、「異能を秘めた若者たちが、平穏な学園生活を送る一方で、人ならぬ者との戦いに挑んでいく」という基本内容は共通している。ちなみに「学園ジュヴナイル」を平たくいうと、「学園を舞台に、若者たちが悩みや問題に立ち向かっていくドラマ」である。そこに「伝奇」が加わると、異能力や魔物といった非現実的要素がプラスされた作品ということになる。