TOPWHAT's IN? tokyo KMNZ LITA、LIZそれぞれの音...

KMNZ LITA、LIZそれぞれの音楽性やボーカルスタイルの魅力とふたりの声が合わさる瞬間の快楽

魅力的なコンテンツを発信し続けるVTuber(バーチャルYouTuber=3DCGのキャラクターによるYouTuber)は、いまや日本のエンターテインメントに不可欠な存在。今年ついに1万人を超えたVTuberのなかから、精力的に音楽活動を行っている“アーティスト”を紹介します。“VTuberの音楽活動って、どんなことやってるの?”というビギナー方も大丈夫。優れたシンガー、クリエイターが集結しているバーチャル・アーティストの世界へようこそ!


イヌ耳、黄色の髪、モノトーンのキャップとパーカーのLITA(リタ)、ネコ耳、茶髪ボブ、ピンクのぱかーのLIZ(リズ)によるVTuberユニット、KMNZ(ケモノズ)。2018年6月にデビューした彼女たちの最大の特徴は、別々のYouTubeチャンネルを持っていること。LITA、LIZのそれぞれの音楽性やボーカルスタイルをしっかりと訴求しつつ、それが融合した際のユニットとしての魅力を打ち出しているのだ。

LITAのカバー曲は、椎名林檎、くるりなどの(アーティスト性の高い)J-POPが中心。もっとも多い再生数を記録しているのは、100万回超えの「水星 – tofubeats feat, オノマトペ大臣(Cover) / KMNZ LITA with YACA」(2018/11/06)。日本語リリックを気持ちよくグルーヴさせるラップ、軽やかなメロディラインを描き出す歌をバランスよく打ち出したボーカルは、LITAのシンガーとしてのセンスの良さを示している。