TOPWHAT's IN? tokyo いま「eスポーツマンガ」が面白い! ア...

いま「eスポーツマンガ」が面白い! アスリートの情熱・百合・SFまで、多彩な作品をご紹介

今から10年前の2010年。ウメハラ(梅原大吾)が日本人として初めてアメリカのゲーム用周辺機器メーカー・Mad Catzと契約した当時、「プロゲーマー」という言葉はまだ世間には浸透していませんでした。日本では法的な問題で高額賞金を出すのが難しかったことや、PCゲームよりも遥かに普及していた家庭用ゲーム機の高度な発達、ゲームセンターでのローカルな対戦が盛況であったことなどにより、いわゆる「eスポーツ」の発展は他国よりも遅れていました。

しかし、それから10年経った現在、eスポーツは急速に発展しプロゲーマーもその知名度や社会的な地位を高めています。

2018年2月には5つの団体が結束してJeSU(一般社団法人日本eスポーツ連合)が発足。同年末に行われた国産ゲームである『Shadowverse』の世界大会では、優勝選手が国内最高賞金額となる1億円を獲得し大きな話題となりました。2019年に行われた『Dota2』世界大会の賞金総額は何と約37億円。今やトップクラスのプロゲーマーが得る収入は、一流のスポーツ選手が得る収入と遜色がありません。