TOPWHAT's IN? tokyo 「よくぞ全話放送できたなと…」TVアニ...

「よくぞ全話放送できたなと…」TVアニメ『ドロヘドロ』総括インタビュー 3DCG×作画の融合、混沌から生まれた傑作を振り返る

熱狂的ファンを数多く有しながらも、その衝撃的な内容ゆえに「映像化は不可能」と言われ続けてきた『ドロヘドロ』。原作・林田球による18年間の連載完結から約2年を経た本作が、とうとう満を持してのTVアニメ化。2020年1月~3月に全12話が放送され、好評のうちにシリーズを終えた。

「おいでませ、混沌。」のキャッチコピーのもと、監督に林祐一郎、世界観設計・美術監督に木村真二、アニメーション制作はMAPPAという布陣で臨んだTVアニメ『ドロヘドロ』。3DCG×作画のハイブリッドによって描かれた本作は、原作の持つ混沌とした世界観を余すことなく表現し尽くしたうえに、キャラクター個々が躍動している呼吸を感じ取れるようなリアリティを含んでいた。

多くのファンの期待に応える形となったTVアニメシリーズを終え、今回はBlu-ray BOX(上巻・下巻)発売というタイミングで、本作プロデューサーのひとりである東宝の齋藤雅哉氏にインタビュー。Blu-ray BOX 下巻に収録された新作アニメ「魔のおまけ」の話題とともに、作品づくりの裏側を振り返ってもらった。