TOPWHAT's IN? tokyo 目標は“脱・ハタチの無駄づかい”!? ...

目標は“脱・ハタチの無駄づかい”!? 久保田紗友が新作ドラマ放送を前に心情を吐露

期待の若手女優が続々と台頭している昨今、彼女たちの新たな面が見られるオムニバス・ドラマ企画が始動! TOKYO MX「スポットライト」では、1話ごとにネクストブレイク候補の女優を主演に迎え、映画やミュージックビデオ、CMなどで活躍するクリエイターたちとのコラボで、さまざまなストーリーを紡ぎ出していく。

そのトップを切るのは、久保田紗友。映画『ハローグッバイ』(17)や『サヨナラまでの30分』(20)にテレビ朝日系ドラマ『M 愛すべき人がいて』と、意欲作で出演する若き実力派だ。芸歴も長い彼女だが、今回はワンシチュエーションの会話劇、しかも長回し撮影に挑戦。その現場に臨むにあたっての心構えから、等身大の心情に女優としての誓いと…ありのままに今の気持ちを語ってもらった。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志


◆感情が動かないと不安になるし、幸せを感じすぎても怖くなる自分はすごく面倒くさい人間かもしれない。
スポットライト 久保田紗友 WHAT's IN? tokyoインタビューーー 『年に一度の再会を』の台本を拝読しました。ワンシチュエーション、そして会話のみで進んでいく二人芝居と、久保田さんにとってもチャレンジングな作品になったのでは、と思います。

今までワンシチュエーションのお芝居というのがなかなかなかったのと、セリフの掛け合いだけで展開していく会話劇をドラマで、というところにも惹かれて、自分にとってもいい機会になるだろうなと思いました。企画の段階で、プロデューサーさんとも「ワンカット(※カットを割らずに長回しで撮影すること)の作品をやってみたいんです」と、お話をさせていただいたんですけど、ふつうのドラマ枠だとなかなか難しいことも、この「スポットライト」の枠だったら、できるんじゃないかなって。この際なので、「会話中心のお芝居もしてみたいです」って、さらにリクエストをして(笑)、実現していただきました。