TOPWHAT's IN? tokyo yama 何度でもリピートしたくなる中...

yama 何度でもリピートしたくなる中毒性。個性的な声で描くリアル

Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータ要素のなかで、ダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計した「ホット・バズ・ソング」は、SNS、ネットにおける注目度を測る指標の一つ。6/20付けの同チャートで9位を記録し、初めてTOP10入りを果たしたのが、yamaの「春を告げる」だ。

2018年の春から“歌い手”として活動をスタートさせたyama。「春を告げる」は、今年4月にリリースされた初のオリジナル楽曲だ。曲を再生し、最初に聴こえてくるのは<深夜東京の6畳半夢を見てた>というライン。さらに心地よく跳ねながら美しい旋律を描き出す鍵盤、ファンク的なグルーヴを含んだリズムセクションが加わり、楽曲はドライブしはじめる。シンプルな4つ打ちを軸にした――初めて聴いたときから身体が自然に動き出すような――ビート、耳なじみの良さとハッとするような仕掛けを共存させたメロディの絡みがとにかく気持ちよく、何度でもリピートしたくなる中毒性があるのだ。

<灯りの灯らない蛍光灯 明日には消えてる電脳城に>というフレーズに象徴される、実生活とインターネットの世界を対比させたリリックも心に残る。これは筆者の解釈だが、「春を告げる」を聴いていると、自分をどれだけ偽っても構わないSNS、そして、どうしても自分と向き合わざるを得ないリアルを行き来する現代人の姿がどうしても浮かんできてしまう。いまの社会の在り方、そのなかで誰もが感じていることを個性的なフレーズで反映させる歌詞のセンスもまた、この曲が多くのリスナーに共有されている理由だろう。